life

「お名前スタンプ」が必需品!?入園を控えたママたちの試練「お名前書き」とは?

pixta_597674_M

入園前に避けては通れない試練

幼稚園入園を控えるママたちにとって、避けては通れない試練・・・それはお名前書きです。筆者も幼稚園児の息子のために、たくさんたくさん書きましたが入園後も新たに書くものが発生しています。ママたちの苦行ともいえるお名前書きのポイントとオススメグッズをご紹介します。

幼稚園での名前の書き方を把握する

名前の書き方は幼稚園によって異なります。ひらがなで書くか漢字で書くか、この用品にはココに書くなどの指定もよくあります。入園前に説明があるので、必ず確認してから書き始めるようにしましょう。

お名前書きに必要なもの

まずは必須のグッズです。

・油性ペン

書いても消えないように必ず油性ペンが必要です。クレヨンなど細いものに書くこともあるので、太いペンと細いペンと用意します。

・セロテープ

傘や歯ブラシなど濡れるものは、油性ペンで名前を書いたらその上からセロテープをぐるぐる巻いて貼ります。そうすると名前が消えにくくなります。

・布用お名前テープ

防災頭巾や衣類などの布製品に。白いテープに名前を書くので直接書くよりも目立ちます。アイロンで貼り付けることができます。

あると便利なお名前グッズ「シャチハタ ポンピタおなまえスタンプ」


筆者愛用品です。スタンプがあると本当にお名前書きが楽になります。こんなにも?と口から出てしまうほど書かなくてはならないので、時間短縮もできるスタンプはママにとって必需品です。
こちらのオススメポイントは・・・

1.  文字の入れ替えが簡単にできる

1台あれば、複数のお子さんに使うことができます。文字は差し込むだけで簡単に入れ替えができます。

2.  文字のサイズが2種類ある

大文字と小文字があるので用途によって使い分けています。鉛筆にもスタンプできます。

3.  年や組、数字などの文字もある

クラス名を書かなくてはいけないときもあるので”組”の文字は便利です。”年”もあるので小学生のお子さんにも使うことができます。

4.  スタンプ台が内蔵されている

スタンプ台を用意する必要がありません。こちら1つで連続してペッタン!ペッタン!と使うことができて楽です。

5.  布や木だけでなく、プラスチックや金属などにもスタンプできる

お名前書きはピアニカや防災頭巾、縄跳びなどいろいろな種類のものに必要となります。素材を選ばずに使えるスタンプは便利です。

6. いつも同じ文字

スタンプなのでいつも同じ、綺麗に整った文字です。急いで書くと雑になったり、パパが書いたりママが書いたりで字が異なってしまうこともあります。スタンプならそんな心配がありません。

お名前書きのコツとは?

入園に合わせ数日かけて制服からお弁当箱、着替えまでいろいろなグッズを用意しますが、グッズを購入するたびにお名前書きをするよりは、直前に一気に、仕上げ作業として行うのが筆者の経験上オススメです。幼稚園で購入したグッズ、ママが作ったものや買ってきたものなどお名前書きが必要なものがどんどん増えていくので、少々効率の悪いことになります。用意した入園グッズを1箇所にまとめておき、入園直前に全てに一気にお名前書きをします。

とても大事なことなので再度ご確認ください。お子さんが通う幼稚園で、名前の書き方を聞いてから書き始めるようにしましょう。もし間違えると、全てを書き直しという地獄の作業が待っていますのでお気を付けください。

 

<参考>
シヤチハタ ポンピタおなまえスタンプ
http://www.shachihata.co.jp/products/new_item/ponpita_stamp/index.php

 

文・後藤

関連記事

家事育児を「やっているつもり」の旦那へ見せた執念の分担図
そろそろ4月入園の保育園の承諾通知が届くころですね。育児休業中のママたちは、職場復帰の準備を整えているのではないでしょうか。そんなママのもっとも大きな課題は「育児・家事・仕事」をどうやって回していくか...
LINEでも大活躍!無料でできる赤ちゃんオリジナルスタンプ
SNSのアイコン作りに便利なのが、似顔絵アプリ。自分の似顔絵はもちろん、我が子のぶんまで作って愛用しているママも多いかもしれませんね。とはいえ子どもが小さすぎると、似せられるパーツがあまりない...
保育園が決まったらすぐに使える「名前スタンプ」とは?
シヤチハタ おなまえスタンプ 会社員のママさんは、産休、育児休暇を取得し、お子さんが1歳の誕生日を迎えてから職場復帰をされることが多いようです。 しかし昨今の保育園不足や待機児童問題...