health

【体験レポート】突発性発疹? それともじんましん?「小児科オンライン」で相談してみました

「今すぐ救急外来に行く必要があるかを知りたい」「自宅での看病の方法を知りたい」「日ごろの子どもの様子で気になることがある」。そんな時、小児専門医に相談できる「小児科オンライン」。相談時間は子ども1人につき1回15分。LINEやSkypeなどを使ってどのくらい聞けるのか、実際のやりとりを公開します!
3回目の相談は、突然体に出た赤いぽつぽつ。電話だけではなかなか説明しにくい時も、テレビ電話を通して相談できるので便利です。

対象者:8カ月男の子
症状:全身に赤いぽつぽつ
アクセス方法:LINEテレビ電話

■熱が下がったあとの赤いぽつぽつは突発性発疹?

質問者:8カ月男の子です。高熱が出て入院していましたが、3日前退院しました。その日の午後からなんとなくおなかにぽつぽつがあるな~という感じだったんですが、昨日、徐々に体中に広がり、だんだん大きくなってきているようです。さっきみたらどんどん発疹同士がくっついて大きくなり、目元も少し腫れあがってきました!
突発性発疹(とっぱつせいほっしん)かと思って様子を見ていたのですが、熱はないし、かゆがってもいません。
明日、退院後の経過観察で病院に行く予定になっていたのですが、急に発疹? が大きくなってきて心配です。
これって突発性発疹とかですか? それともじんましん? 明日の朝まで家にいても大丈夫でしょうか。まだ8カ月なので、心配になってきました。

橋本先生:お子さんの現在の体調はいかがですか? 食欲はありますか? 機嫌はいいですか?

質問者:そうですね。さっき離乳食も食べたし、今は上の子と一緒に機嫌良くおもちゃで遊んでいます。

橋本先生:橋本先生:確かに、今画面で確認する限りニコニコしていて活気もありますね。お子さんの肌の状況をみたいので、もし可能だったら皮膚の状態を見せてもらえませんか?

質問者:このような感じです。

小児科オンラインQ&Aその③赤いぽつぽつ

橋本先生:確認できました。ありがとうございます。
まず、お話の中にあった、熱が下がった直後にお腹に出た小さい赤いポツポツは一般的には突発性発疹の可能性が高いですね。小さい赤いポツポツは少し盛り上がっていることもありますし、平坦なときもあります。かゆみはなく、胸、腹、首に多くでます。通常1、2日で発疹は消えます。発疹の時期はもう突発性発疹が治りましたよというサインですので、心配はいりません。

質問者:突発性発疹って、熱が下がったあとに出るものなんですか!? 熱が出ている時に出るものかと思っていました。

橋本先生:そうなんです。熱が下がってから発疹が出ます。なので熱が下がってから診断に至るということがほとんどです。

■突発性発疹のあとにじんましんが出ることも

質問者:今出ているのは、突発性発疹の続きなんですか?

橋本先生:今現在出ているような発疹は、一般的にはじんましんの可能性が高いです。実は突発性発疹はあるウイルスの感染によるものです。このように、ウイルス感染のあとに引き続いてじんましんがでることもあります。

質問者:じゃあ、最初に出ていたのは突発性発疹で、今出ているのはじんましんということなんですか!?

橋本先生:その可能性がありますね。じんましんの特徴は、皮膚が蚊にさされたあとのような盛り上がった状態で赤みがあり、地図のようにひろがっていることです。まぶたが腫れることもあります。多くはかゆみを伴いますが、稀にないときもあります。2、3日のうちに出たり引っ込んだりします。

質問者:たしかに少し盛り上がって広がっています!

橋本先生: じんましんが出た場合、それが緊急度の高いものかを判断します。食べ物や薬のアレルギーに伴う発疹では、たまに緊急度の高い「アナフィラキシー」が起きることがあるのですが、その場合、食後や薬を飲んだあと数分から数時間の間に急激に発疹が広がり、嘔吐や呼吸が苦しそうな様子が出ます。その場合は救急車を呼ぶ必要がありますが、今回の場合は、そういった緊急性の高い状態ではないようですね。

質問者:今、離乳食の品数を増やしているところですが、心配だったこともあり、退院後は初めての食材は食べさせてないです。薬も飲んでいません。

橋本先生:体調が悪かったり、心配なことがある時は、新しい食材を追加しないで、食べなれたものをあげたほうがいいですね。
もし、かゆみが強かったり、どんどん発疹が広がっていくようであれば、日中にクリニックを受診し、薬の処方を受けます。掻き壊さないように爪は短くしておいてください。

■体が温まるとかゆみがひどくなるためおふろは避ける

質問者:おふろとかは入れないほうがいいですよね?

橋本先生:そうですね。温めるとかゆみがひどくなりますので、発疹がひどいときはお風呂は避けてください。そして、痒がっていたらアイスノンなどで冷やしてあげましょう。

質問者:わかりました。

橋本先生:今回は、全身状態は良いようなので、特別な心配はいらないと思います。発疹が朝になって引かずに、広がっている様子でしたら日中に一度クリニックを受診されることをお勧めします。

質問者:ありがとうございました!「明日、病院を予約してるからいいかなとは思いつつも、やっぱり小さいから心配だし……」と思って連絡したのですが、今、子どもの肌がどんな状態なのかわかり安心できました。先生に相談してよかったです! またなにかあったらよろしくお願いします。

橋本先生:もちろんです。お気軽にご利用ください!


橋本直也 先生
都内小児科クリニック勤務。小児科専門医。日本大学医学部卒。聖路加国際病院にて初期研修、国立成育医療研究センターにて小児科医研修。東京大学大学院にて公衆衛生修士号取得。
小児科医にLINE、電話、テレビ電話から相談できる「小児科オンライン」を運営。「救急外来に行くべき?」「子どもの発達が気になる」そんな時気軽に利用できるサービスを目指す。

取材・文、間野 由利子