talentcolumn

酒井法子、対談本出版を語る 『「つらい過去」を手放す方法』出版記念インタビュー(2)

4

パート1から続く

■今回ご登場いただくママスタジアムは、子育て中のママ達が主に見ているサイトで、その中には子育てが思い通りにいかなかったりしてイライラしたり悩んだりするママ達もいます。そうした方に何か言葉をいただけますか?

○レーネン
まず、子どもは思い通りにはならないものです(笑)だから、少しリラックスしてほしいと思います。
子どもがあなたの意図しない行動をしたときに、ひとつの見方として、「今子どもは今後の人生に対処することに役立つ経験をしている」と思うことができます。
子どもは経験から多くを学び、少し傷つく経験でも、今後の人生の中でプラスになることも多くあります。
子どもの安全を守ることは大事ですが、過保護にするよりは、多くの経験をさせた方がよいと思いますよ。

○酒井
以前のドラマで「子どもなんて自分の思うようには育たない、でも愛さずにはいられないの」という内容のセリフがあって、それが印象に残っているんです。
子どもが思い通りにならなくても、少しイライラすることはあっても、「愛してるよ」という気持ちが子どもに伝わっていれば、もう「○」なんじゃないかって。
そうはいっても、私も子どもにうるさく言っちゃうんですけどね(笑)

■レーネンさんは日本での活動が多くなっていますが、日本の皆さんに何かメッセージはありますか?

○レーネン
「行動しましょう」ということです。
過去にとらわれるのではなく、未来に向かって行動することです。
全ての人が今を充実して生きることが大事です。

■今日の酒井さんにレーネンさからメッセージがあればお聞かせください。

○レーネン
私はノリコがこれからもっと活躍する姿を見たいと思っています。
特にノリコはインターナショナルなチャレンジをすると、行く先々の国の人にエネルギーを与えることが出来るのでいいと思いますよ。
ノリコはイタリアに興味がありますか?
今日はノリコを見ていると、イタリアのイメージが浮かんでくるのです。
私は予言はしません。可能性があるのではと感じています。
もしイタリアでのチャンスがあれば、言語が違うという理由で断らずに、ぜひチャレンジしてほしいと思います。

○酒井
うれしいです!
そういうワクワクするような夢やきっかけを言葉にしてくれること、これも今日レーネンさんからいただいた素敵なギフトですね。
ありがとうございます!

酒井さんとレーネンさんのインタビュー、いかがでしたか?
インタビュー後も、酒井さんが持ってこられたクロワッサンをスタッフ含め全員でいただきながら、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
酒井さん、レーネンさんの益々のご活躍を願っています。
ありがとうございました!

参考トピ (by ママスタジアム
スペシャルインタビュー 酒井法子×レーネン