husband

その下着で大丈夫?冬のあったか下着の選び方!

寒い季節の必需品のあったか下着。今では様々な会社から発売されています。家族みんなで着ている家庭も多いのでは?でも、その下着の選び方で大丈夫ですか?ママ達の間で、下着によって肌が乾燥した、湿疹が出た、熱の時に体が冷たくなっていた…と話題になることもあるようですね。あったか下着は素材によってメリットデメリットがあるんです。あったか下着を選ぶ時、何を基準に選べば良いのか紹介します!

■乾燥や肌荒れの原因は合成繊維かも!?

pixta_726562_M

あったか下着を選ぶ時に欠かせないのが、素材のチェック!どんな素材から作られているのか必ず確認しましょう。アクリル、レーヨン、ポリエステル、ポリウレタン、綿などが多いようです。前から4つは合成繊維です。合成繊維は静電気を発生しやすく、乾燥や炎症などの肌荒れを引き起こす可能性があります。また、連続した静電気の刺激により疲れを感じてしまうこともあるそうです。冬は肌が乾燥しがちですが、原因は下着にあったのかもしれません。肌の状態が気になる方は、一度素材を見直してみるのはどうでしょうか。

■吸湿発熱繊維に要注意!?

吸湿発熱繊維とは合成繊維から作られた汗などの水分を吸収して発熱する繊維のことです。羊毛などよりも繊維を細く、表面積を増やすことで体から出る湿気を効率よく吸収して、より発熱することが可能になりました。

しかし、この吸湿発熱繊維は発汗により発熱するので、汗をかかなければあまり暖かくありません。一方で、この吸湿発熱繊維によく用いられる素材レーヨンは肌触りが良いというメリットがありますが、大量に発汗されてしまうと、吸水率が飽和してしまい、汗が蒸発されなくなってしまうのです!

暖かくなるために着ている下着なのに、汗を大量にかくと汗で体が冷えてしまうのです。また、蒸れにより、湿疹、汗疹、アトピーなどが悪化する可能性もあります。汗をかかないと暖かくならないのに、汗をかきすぎてもダメなんですね。日常生活では問題ありませんが、就寝時や山登りや雪遊びなどの汗をかきそうな場面では避けた方が良さそうです。

■安心なのはやっぱり天然素材!?

pixta_4912281_M

敏感肌の方や汗をかきやすい子どもにお勧めしたいのは、やはり天然素材!綿や麻などの天然繊維は、吸湿性や通気性が優れているため安心です。最近では綿100%のあったか下着も発売されています。綿100%でなくても、綿が多く使われている商品を選ぶことで、症状が改善されるかもしれません。アトピーや敏感肌の方には特にお勧めです。子どもの園によっては、自己免疫力を高める為に綿の下着を推奨しているところもあるようですよ。

寒い季節になると暖かくしてあげたい!とあったか下着を着せているママも多いと思います。何気なく下着を選んでいる方は、まずは素材を確認し、使う場面や肌の状態に合わせて選んでみてはどうでしょうか?

ライター・Sugao