recipe

有名パティシエ辻口博啓の簡単生チョコレシピ!

01071346_54acba286e70e
生チョコは日本の菓子店が1988年に売り出してから、のちにブームが起きた日本生まれのチョコレートです。並べた時に石畳の様に見えることから、パヴェショコラとも呼ばれます。
冷蔵庫から出してすぐ食べるのではなく、少し常温に戻すことで、よりなめらかな口当たりが楽しめます。冷蔵庫で1週間くらい保管可能です。

材料 2.5cm角のもの約20個分

ミルクチョコレート(カカオ分40%以上のもの)
:170g
生クリーム35%
:80g
水あめ
:10g
ココアパウダー(無糖)
:適量

作り方

1.チョコレートは刻んで、50℃くらいの湯煎にかけて溶かす。
2.鍋に水あめと生クリーム入れ、火にかける。混ぜながら沸騰させる。
【ポイント】
・水飴を入れることで、滑らかな口当たりになる
・乳脂肪分が低めの生クリームを使用することで、あっさりとした味わいになる
・生クリームはしっかりと沸騰させ、殺菌する
3.1.のチョコレートに2.を少しずつ入れながら、混ぜ合わせていく。
01071448_54acc8919c8bc
【ポイント】
・きちんと乳化させることでより滑らかな口当たりになる
4.型(深さのあるバットやタッパーなど)にラップをひいておく。型に流し入れ、冷蔵庫で一晩冷やし固める。
01071448_54acc891bc48e
5.冷蔵庫から取り出し、表面にココアをふる。
01071448_54acc891cbe8f
【ポイント】
・ココアをふることで、カットする時に生チョコがチョコレートにくっつきにくくなる
6.2.5cm×2.5cmの大きさにカットする。
01071448_54acc891e4148
7.バットにココアを広げ、カットしたチョコレートの全面にココアをまぶし、余分なココアを落とす。
01071448_54acc891ec231

レシピ監修:辻口博啓
1967年石川県出身。ク―プ・ド・モンドをはじめ世界大会に日本代表として出場し、数々の優勝経験を持つ。
モンサンクレール(東京・自由が丘)をはじめ、コンセプトの異なる12ブランドを展開。先生の紹介はコチラ