life

私ってお金かかりすぎ?他のママから考える毎月の生活費

id215-01

新しい年がスタートして、慌ただしかった日々も落ち着いてきたころでしょうか。この時期は出費が多く、頭の痛いママさんも多いのではないかと思います。他のママさんは一体どんなやりくりをしているんだろう? できることなら私もやりくり上手になって、子どもと旅行に行ったり、将来のために貯金したりしたい! そんなママさんのために、ママの一般的な生活費を調べてみました!

まずは生活費をざっくりと洗い出してみよう

id215-02

一般的な家庭では、一体月にいくらぐらい生活費がかかっているのでしょう? 小学生の子どもと中学生こどもが2人いる家庭を参考に、まとめてみました!

家賃

都内に限らず、3人で暮らすとなると5万円前後が相場のようです。ただし実家暮らしだったり市営住宅に住んでいたり、慰謝料として持ち家にそのまま住んでいるケースもあり、人によりさまざま。

食費

給食費を抜かしても、3人で月3万円程。育ち盛りの子どもにはたくさんの種類の食材を食べさせてあげたいものですが、現実はなかなか厳しいですね。

光熱費

地域や季節によって開きはありますが、水道代が約4,000円、ガス代が約3,000円、電気代が約7,000円で、合計1万5,000円前後が平均のようです。

学費

助成で免除になる部分もありますが、教材費や修学旅行積立金など月々の支払いが必要な金額は、子どもが2人で合計1万5,000円程度になります。
※ただし修学旅行代金は、後から助成される自治体もあります。

教育費(習い事)

こちらは0円~3万円など、かなり開きがありますが、生活の中で何に重点を置くかで変わってくるようです。子どもの教育に力を注ぎたいママさんなら高く、もっと他の項目にお金を使いたいママさんなら低くなっています。

保険料

入っておきたい生命保険や欠かせない車の保険、そして学資保険。共済やネット契約で賢く料金を抑えているママさんもいますね。大体1万円前後に押さえている方が多いようです。

通信費

固定電話代+携帯代で約6,000円が底値のようです。加えて、子どもの携帯代も。小学生や中学生に携帯を持たせることに議論はありますが、シングル家庭という家族の形態を考えると、子どもにも携帯が必要な場合もあります。

医療費

こちらは急な出費なので予想がつきませんね。また、子どもが小さい内は医療費を負担してくれる自治体が多いので、予算に組み込んでいないご家庭も多いのではないでしょうか。

衣服・美容・日用品

5,000円前後でやりくりしているママさんもいれば、身だしなみとして削れない部分だということで1万円前後かけているママさんも。

贅沢をしていなくてもお金はかかるもの

ここまでの平均額でざっと計算すると、出費の合計は15万円前後になります。ここに交際費なども入ってくると、ますます増えます。支出内容を見ても贅沢をしているわけではないのに、これだけかかることにびっくりしてしまいますね。ひとり親家庭への手当てや養育費などをプラスして考えても、決して楽ではない生活ぶりが浮かんでくるのではないでしょうか? さて、あなたのご家庭の生活費と比べてみて、いかがだったでしょう。

どんな家庭を目指してる?

id215-03

平均的なママの生活費がわかったうえで、今度はあなたのご家庭のライフプランを見直してみましょう。あなたはこれから、子どもと一緒にどんな家庭を作りたいと考えていますか? 自分や子どもの友達を気兼ねなく呼べる家? 将来を考えて、子どもの塾や習い事を重視した家庭? 女の子だから洋服にだけは気をつかってあげたい? 収入は少なくても、家族で過ごせる時間を多く作れる家庭?

どこにお金を使うかをしっかり見極める

ご家庭の数だけ、大事にしたいところは違ってくると思います。できれば全てを大事にしたいところですが、現実的には厳しそう。となれば、まずはお金をかけるポイントを決めて、他の部分で節約を頑張ってみるのもいいのでは?

やりくり例をご紹介!

id215-04

ここからは、項目をしぼったやりくり方法をご紹介します♪

家賃

生活費の中でかなりのパーセンテージを占めてしまうのが、住居費です。実家住まいも永遠に続けられるわけではないですし、いずれは自立を考えることも必要になります。市営住宅なら収入によってはかなりの低額で借りられるようなので、抽選に常に申し込んでおくのも節約への第一歩に!

被服費

子どもが育ち盛りだと、洋服はすぐにサイズアウトしてしまうもの。ママ友コミュニティを活用してお下がりを物々交換したり、古着屋さんでおしゃれな洋服を買ったりすれば、被服費はかなり抑えられます。

教育費

今は塾や習い事もネットを駆使する時代。格安のメールマガジンや無料動画など、欲しい情報やテクニックを簡単に学べる時代になりました。もちろん個人の努力も必要ですが、習い事を始めようと考えたときに、続けられそうかの判断材料にもなりそうです。また、自治体で開催しているセミナーやレッスンを活用してもOK!

頼れる人づくりもポイント

やりくり方法とは違いますが、実家が遠かったり折り合いが悪かったりで、「なかなか頼れる人がいない」という声もよく聞きます。そういったママさんに限って頑張り屋さんで、他人に頼ることをしなかったりするのもよく目にします。
体調が悪くても頼れる人がいないと思い込んでいるあなた。でも、あなたが倒れてしまったら、最愛の子どもを守るのは誰ですか? 遠くの親戚より近くの他人とはよく言ったもの。あなたの周りにも、あなたが頼ってくれるのを待っている友人がいるかもしれませんよ!

節約しなくちゃ!と厳しくなりすぎない

id215-05

いくら収入があろうとなかろうと、私たちには子どもを抱えて生きていく権利と義務があります。そりゃあ、できることなら何不自由なく暮らさせてあげたいのが親心。でも、現実がそれを許さないのなら、やっぱりどこかで我慢をさせなければいけない場面も、必ず出てきますよね。

子どもの本当の気持ちを考える

そこで大切にしたいのは、子どもの要望を単なるわがままととらえるのではなく、本当の気持ちをきちんと読んであげることではないでしょうか。ただのわがままだったなら、それはあなたがしっかり説明することで子どももわかってくれるはず。でもどうしても要望を譲らない場合は、本心が他にある場合も考えられます。それを見極めるのも大切なことなのです。

まとめ

ただ節約節約、と暗い顔をして暮らすのではなく、あなたの家庭をチームと考えて皆で力を合わせましょう。時には子どもにも協力を仰ぐことで、家族全員に自覚が生まれるはず! ぜひ子どもと一緒に、楽しい家庭を作っていってくださいね♪

【関連記事】
シングルマザー向けシェアハウスでの暮らしって?
春は卒業式&入学式!費用はいくら用意しておけばいいの?
シンママ必見!冬場の格安あったかテクニック

オリジナル記事
私ってお金かかりすぎ?他のシンママから考える毎月の生活費