child

【理系育児】第七回 授乳のため寝不足できついです(4ヶ月)

ちょっと理系な育児のsumireです。「母乳で育てているけど、母乳育児に自信が持てない」という内容の質問が多かったので、今回は、こちらの投稿を取り上げさせていただきました。

ぷにぷにーずさん(お子さんは4ヶ月)

夜中たっぷり寝たくて寝る前の授乳をミルクにする事は良くないでしょうか?
日中、家事と赤ちゃんのお世話、頻回授乳で疲れてしまい、夜はたっぷり寝たくても、何回か授乳のため起きます。ずっと寝不足状態できついです。
寝る前にたっぷりミルクを飲ませたら、腹持ちがよくて夜中起きずに済むのかなと思っています。

寝不足が続くと、体力だけでなく精神的にもパワーが落ちてしまうので、なんとか改善したい重要な課題です。その手段としてミルクを寝る前にあげることを考えていらっしゃるようですが、自分でミルクを使うと決めたなら、それが自分たちにとってはベストの選択なので、安心して使いたいものですね。その際、自分にとってのミルクの利点を周囲にもアピールしてしまうと、それは他人の母乳育児を妨害することにつながるので、控えられるといいかもしれません(1)。

それを前提に、そもそも寝る前のミルクは理にかなった方法なのか、今回は母乳と睡眠について情報提供させていただきたいと思います。

●母乳は腹持ちが悪い?

母乳は消化が早い・すぐお腹が空くなどとよく言われますが、実際は、胃の中身が減るスピードは、母乳かミルクかの違いよりも、赤ちゃんによるばらつきの方が大きいようです(2)。つまり、母乳かミルクか関係なく、あっという間に減ることもあれば、なかなか減らないこともあるのです。

さらに、胃の中の乳汁が空になるには、早くても数十分~数時間以上かかるようで、多くの赤ちゃんは、胃が空っぽになる前に、次の哺乳を始めていることが推測できます。赤ちゃんは、単純に胃が空になるたびにおっぱいを求めているんじゃなくて、いろんな条件の重なりに上手く対応した結果、それぞれの授乳パターンが生まれているんですね。

●母乳だと夜中によく起きる?

pixta_18888035_M

いろんな月齢の赤ちゃんの、「眠りからの覚醒しやすさ」を調べた論文があります(3)。その結果、月齢2-3ヶ月の赤ちゃんのみ、母乳で育っている赤ちゃんの方が、ミルクで育っている赤ちゃんよりも、浅い眠りから覚醒しやすかったそうです。それ以外の月齢や、深い眠りのときは、母乳でもミルクでも、違いはありませんでした。
客観的には、一部の条件を除いて、母乳もミルクも、覚醒しやすさに違いはなかったとしても、月齢問わず「ミルクだと良く寝る」と主張する人がたくさんいるのは、単なる記憶の編集が起こっているのかもしれません。

つまり、人間の記憶は思い込みの影響を強く受けるので、「ミルクでよく起きた」「母乳でよく寝た」という経験や話はいつの間にか忘れてしまうけど、「ミルクでよく寝た」という経験や話は「やっぱり!」という強い印象とともに記憶に残している可能性があるということです。(「母乳で育つと風邪をひかない」説にも、似たような現象が起こっていると考えられます。赤ちゃんが風邪をひくのは自然なことなので)

赤ちゃんが夜中にも起きる習性は、大人からするとデメリットに思えますが、それがSIDS(突然死)のリスクを下げると考える専門家もいて、むしろ赤ちゃんの生存術である可能性すらあります。

●育児の悩みに万能な手段はないかも

結局、赤ちゃんだから授乳は頻繁になるし、赤ちゃんだから夜中でも目が覚めてしまうんですね。その代わり、授乳中の女性は、プロラクチンというホルモンのおかげで、細切れ睡眠でも休息がとれる、特殊能力が備わっています(4)。つまり、夜中に起こされることよりも、1日トータルの睡眠時間が足りていないことの方が、問題になりやすいのです。ミルクで問題解決すればいいですが、できない場合は、睡眠時間を増やせるように、家庭の状況に合わせた工夫が必要かもしれません。

また、「母乳だから大変なんだ」という思い込み自体も精神的な負担になりうるので、「母乳でもミルクでも、赤ちゃんは理想通りにはならないかもしれないし、自分も理想通りの母親じゃなくてもいいかも」と少し許容範囲を広げつつ、長い目で見ることも、育児の悩みを根本的に減らす手助けになるかもしれません。

●参照

(1)「母乳かミルクかを自由に選ぶ」とは、こういうこと
(2)「母乳の消化時間は1時間半~2時間」ってホント?
(3)R S C Horne, et al.Comparison of evoked arousability in breast and formula fed infants. Arch Dis Child 2004;89:22–25
(4)プロラクチンと夜間授乳

●突然ですが、みなさんに質問です。

母乳育児について、こんなイメージを持っていませんか?

1.母乳が出るかどうかは個人の体質による

2.母乳はミルクよりカロリーが低い

3.月齢が進むと、授乳間隔は空いてくるもの

本当のことを知ると母乳育児のイメージが変わるかも?科学的根拠にもとづいた解決方法を探ります。

詳細はコチラ

●筆者プロフィール●

1444974959-1e99e0984bdb20e736bbadc5e78f897d

理系出身の研究者で二児の母。第一子の子育て中に、科学的に偏った情報や、赤ちゃんの気持ちを無視したアドバイスに悩んだ経験から、「根拠ある情報を、世界のトップレベルのスペシャリストから学びたい!」と一念発起。2013年頃から始めたブログ「ちょっと理系な育児」にて、WHOに許可を得てガイドラインを翻訳公開。現在、第二子の出産・育児に奮闘中。


関連記事

関連キーワード