entertainment

子連れでUSJに行くなら必須!シングルライダーを使いこなす

pixta_13619289_M
子ども連れでUSJへの旅行といっても、アトラクション、特にライド系のアトラクションはなかなか利用できないイメージがある人は多いのではないでしょうか? 確かに子ども本人は身長制限で利用できないケースはありますが、保護者や大きい子どもが、身長制限のある子どものお世話をしつつ時間を有効に使ってアトラクションを利用できるシステムがあります。

それがシングルライダーと呼ばれるものです。並ぶ時間が短縮できるので、事前に覚えておくと便利ですよ。

■シングルライダーとは

一人ずつ空席に搭乗するシステム。エクスプレスパスは不要で、シングル・ライダー専用の入り口に並びます。待ち時間は日によって変わりますが、通常の搭乗口に並ぶより断然早く、とにかく早く乗りたい人、知らない人との相席でもOKの人にはぴったりです。多くの場合、席は端になります。

■シングル・ライダーが使えるアトラクション

現在対象となっているアトラクションは下記5つです(2016年2月時点)。以前はハリーポッターのアトラクションも対象でしたが、現在は対象から外れています。混雑しすぎているときや、逆に空いているときには実施されていませんので、到着後に確認しましょう。

・エルモのゴーゴー・スケートボード(ユニバーサル・ワンダーランド セサミストリート・ファン・ワールド)
・ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~(ハリウッド・エリア)
・スペース・ファンタジー・ザ・ライド(ハリウッド・エリア)
・アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D(ニューヨーク・エリア)
・ジョーズ(アミティ・ビレッジ)

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~、スパイダーマン・ザ・ライドは元々待ち時間が非常に長いことが多いので、運が良ければ早く乗れるかもしれない、と言ったところです。更にスパイダーマン・ザ・ライドは通常の待ち行列ではなく乗り場への最短距離を行くので、途中の世界観(主人公ピーターが働く新聞社の装飾)を見ることができません。

■こんなときにおすすめ

・パターン1 <パパ、ママ、中学生、幼児の家族連れ>
パパ、ママ、下の子が休憩中、中学生だけで気になるアトラクションに行く。休憩にはちょうどいい時間になるはず。

・パターン2 <パパ、ママ、中学生、幼児の家族連れ>
パパ、下の子のお世話。ママ、中学生がそれぞれお気に入りのアトラクションに。2人連れであってもシングルライダーは利用できます。ただし多くの場合、席は離れます。

・パターン3 <パパ、ママ、乳幼児の家族連れ>
ママが赤ちゃんに授乳中。パパは行きたかったアトラクションにダッシュ! もちろん条件が揃えば逆パターンもアリです。

■チャイルドスイッチと併用する

チャイルドスイッチとは一回分の待ち時間で、順番で交互にアトラクションを利用できるシステム。身長制限でアトラクションを利用できない人と一緒の場合に限ります。

例えばパパ、ママ、赤ちゃんでアトラクションに並ぶ場合にこのチャイルドスイッチ利用を申し出ると、
1. パパはアトラクションを利用、ママ・赤ちゃんは待機
2. ママはアトラクションを利用、パパ・赤ちゃんは待機
といった使い方ができます。

このチャイルドスイッチ、シングルライダーとの併用が可能です。大人が多かったり、大きなお子さんがいらっしゃる場合は検討の余地アリです。もちろんシングルライダーなので同じ列の席に乗れる可能性はあまりないですが並ぶ時間がぐっと少なくなるので、アトラクションを利用できない子どもが行列に我慢できそうなら、ぜひ試してみてください。並び方については、それぞれのアトラクション近くにいるクルーの方と相談してみてくださいね。

■参考URL

USJ公式サイト
https://www.usj.co.jp/
シングルライダー
http://www.usj.co.jp/attraction/explain/single.html
チャイルドスイッチ
http://www.usj.co.jp/attraction/explain/child.html