health

子どもがインフルエンザにかかったら、仕事を休むのはどっち?

pixta_16263313_M

働くママにとって何よりつらいのは、子どもが病気になったときです。子どものことが心配でたまらない上に、看病している間の自分の仕事をどうするか?という切実な問題もあってつらさは2倍3倍にも。中でもやっかいなのが感染・蔓延を防ぐため外出を極力控えるように求められる、感染症です。折しもインフルエンザ流行のピークを控えたこの時期、働くママたちの実態はいかに? 先日行われたアンケートからは「やっぱり!」という納得の結果が見えてきました。

■子どものクラスの学級閉鎖は以前より増えている?

ワーキングママ414名を対象にインフルエンザに関する実態調査を行ったのは、「明治カバくんうがいラボ」。風邪・インフルエンザ対策としてのうがい習慣を、30年以上にわたって普及・啓発してきたメーカーです。うがいをするカバくんのほんわかしたイラストでもおなじみですよね。

まずは中学生以下の子どもを持つママに聞いた、「以前よりも学級閉鎖になることが増えた気がする」という質問です。これに対して「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えたのは合計56.5%。自分でもなんとなく肌で実感しているママが多いのではないでしょうか? 数年前にあった、新型インフルエンザ流行がきっかけになったような気もします。それまでにも「インフルエンザになったら大変」という意識はあったものの、有効なワクチンが手探り状態だった新型が発生したあたりから「インフルエンザは怖い!」という警戒感がより増したような…。
「以前よりも学校が風邪・インフルエンザの予防対策を積極的に行っている気がする」という項目でも「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と回答したママが合計73.6%いました。

ちなみにママの勤め先で「風邪・インフルエンザ対策として、うがい・手洗いを徹底していますか?」という質問では「外出後のうがい・手洗いはとくに指示されていない」が37.0%。「注意喚起している」が23.9%、「強く推奨している」が39.1%という結果に。こちらも以前なら「社会人なのだから注意する前に自己責任で行うべき」と考える企業などが多かったように思います。学校だけでなく企業でも、インフルエンザに対してかなり敏感になっていることがわかりますね。

■子どもが病気になっても仕事を休めないパパ、ママ

ワーキングママが実際に子どもがインフルエンザにかかったときで一番気になるのが、誰が仕事を休むのか?ということではないでしょうか。「この前子どもが病気になったときは自分が休んだんだから、今度はあなたが」とか「今日は大切な会議があるので絶対に休めない」など、熾烈なバトルが繰り広げられるという話はよく耳にします。もちろん病気で苦しんでいる子どもの前では絶対に見せられない口論ですが、パパも必死ならママだって必死です。

ズバリ知りたかったのが、この質問「子どものクラスが学級閉鎖になったとき、あなた自身、もしくはご主人のどちらが仕事を休むことが多いですか?」。「やっぱり!」と思うべきなのか、その回答は「自分が休むほうが多い」ママが78.7%と圧倒的。「夫が休むほうが多い」はわずか3.2%という結果になりました。なんのかんのと言い合いをしても、結局ママのほうが折れてしまわざるを得ないのですね。日頃はパパっ子でも、病気のときにそばにいてほしいのはやはりママだったりもするのかもしれません。が、注目したいのがそれ以外の「どちらも休まない」という回答。なんと18.1%と5人に1人近くが「休まない」と答えているのです。

Q7

さらにこんな質問もありました。「今まで家族がインフルエンザにかかった際、勤め先に内緒で出勤したことがありますか?」。もちろん「ない」が83.1%と大多数でしたが、「一度だけある」が8.0%、「何度もある」が8.9%という結果に…。よくないことだとはもちろん知りつつも、どうしても仕事を休めないママたち。「そんな人がいるから感染が広がるのに!」と怒りたくなる気持ちにも、「それでもどうしても休めない」というせつない気持ちにも、ワーキングママであればおそらくどちらにも共感できるのではないでしょうか? でも、もちろんそんな場合の出勤はNGです!

自分がかかるのはもちろんですが、子どもや家族がかかってもつらいのがインフルエンザです。ほとんどの医療機関では予防接種の適正時期を11月としているので今シーズンはすでに遅くはありますが、最近では春先に流行することも珍しくありません。予防接種をしてから抗体ができるまでは約1〜3週間の時間を要するので、まだの人もできれば早急に受けに行くことをおすすめします。もちろんうがい・手洗いをしっかり行うという予防の基本はいうまでもありません。

ライター・鈴木麻子

【引用】

「明治カバくんうがいラボ」(インターネット調査)
調査対象:全国20〜40代の女性(会社員・既婚・子どもあり)
調査実施期間:2015年11月13日〜15日