recipe

電解水素水で炊いた玄米がふっくら!秋のヘルシーライスバーガー

torim

家族の健康を気にして玄米食に切り替えたというママもたくさんいらっしゃいますね。
玄米は白米に比べて消化されにくいのですが、電解水素水(トリムウォーター)で6時間以上浸水してから圧力鍋を使用して炊き上げるとふっくら!
胃腸に負担をかけずにおいしく毎日いただくことができます。
今回はそんなふっくら玄米を使用した料理をご紹介します。

【秋の食材を使ったふっくらヘルシーライスバーガー】

材料(ライス部分)(4人分)

・玄米 640g
・菜種油 適量

作り方
1. 日本トリムの整水器から生成された電解水素水でふっくらと炊き上げた玄米80gを押し型に入れ、強く押しバーガーを作る。(1人分2枚×4人分=8枚)
2.フライパンにキッチンペーパーで薄く油を塗り、中火で焦げ目がつくまで両面を焼く。

材料(はさむ具の部分)(4人分)

・ひじき 13g
・かぼちゃの種 30g(くるみ代用可)
・麦味噌 34g(味噌代用可)
・豆乳 50cc(牛乳代用可)
・にんにく スライス2枚
・菜種油 大さじ1/2(オリーブオイル代用可)
・レタス 2枚
・チャービル 2本(パセリ代用可)
・ソイマヨ 適量(マヨネーズ代用可)

作り方
1.ひじきは、10分位水で戻しザルに上げ、水気がきれたら5センチくらいの長さに切る。
2.かぼちゃの種は、軽くローストしておく。
3.すり鉢でかぼちゃの種を擂り、麦味噌を入れ再び擂り合わせ、最後に豆乳を加え良く混ぜ合わせておく。
4.フライパンに菜種油とにんにくのスライスを入れたら、弱火にかける。
5.にんにくの香りがしてきたらにんにくを取り出し、ひじきを加え中火で1~2分炒める。
6.「3」に炒めたひじきを熱いうちに加え、混ぜ合わせて出来上がり!

電解水素水にはほかにも煮物を柔らかく仕上げたり、お茶やコーヒーを美味しく入れるのに役立ったり、いろいろな効果があるようです。
お水を変えて料理の味も一段アップ!そうなったら素敵ですね。

「電解水素水とは」
水道水を浄水した後、さらに電気分解して生成するアルカリ性で還元性をもつ水素を豊富に含んだ水。整水器から生成される。
この整水器は現在、薬事法において胃腸症状改善の効果・効能が認められており、飲用水生成器では唯一効果・効能が認められている機器です。

日本トリム
http://www.nihon-trim.co.jp/beginner/index.html

監修:はりまや  佳子
マクロビオティック・コンサルタント、食育インストラクター
2012年銀座三丁目にキレイ料理レストラン「G&V」をオープン
http://g-veggie.com/gandv/