child

子供にお餅を食べさせる?どんな事に気をつけている?

pixta_13949086_M

お正月を迎えると、お雑煮やおしるこ、幼稚園や保育園での餅つき行事など、子供にお餅を出す機会が有ると思います。そして毎年この時期は、子供や高齢者が餅を喉に詰まらせる事故のニュースが流れます。
皆さんは、お子さんにお餅を食べさせますか?どんな事に気をつけていますか?ママスタには、こんな声が寄せられています。

■お餅には慎重派。安全な食べ物と言える?

お餅は、日本の伝統食。ママや大人は食べるけど、子供の噛む力や飲み込む力を考えると、慎重に考えるママも多いです。

『自分が子供の頃、幼稚園で餅を喉に詰まらせた経験があるから、3歳の我が子には、まだあげていない。』

『うちの幼稚園は、お餅を食べられない子はオニギリ持参でお願いしますって、言われてるよ。』

『あげるタイミングが分からず、危ないからダメと過保護に育てた結果、食わず嫌い。』

『私は、少しずつよく噛むように、喉に詰まったら死んじゃうからと、口うるさく言ってしまいます。そのせいか、中3の長男は餅が嫌い。って言うか食べたがらない。』

『実際に死亡事故がある訳だから、決して安全って訳じゃないもんね。家庭で食べるのはいいけど、目の行き届かない所での餅は、やっぱり危ない。』

■食べ方を教えたり、見守ったり

何歳から食べさせるかは、家庭によって違いがありそうですが、親が食べ方を教え、そばで見守ることは多くの家庭で行われているようです。

『上の子の時は、怖くてあげられず。幼稚園年少で餅つき大会の時「食べ方が分からない」って泣いてましたって言われた。それで「少しずつ噛み取って、よ〜〜く噛んでからゴックンだよ!」とレクチャーしたら、上手に食べられた。ちなみに下の子も欲しがるから、小指の爪先ほど小さくした餅をアンコやきな粉にまぶして食べさせました。おいちー、おいちーって、言ってましたね。』

『大人になっても喉に詰まらせる人が居るんだよ。与えないより、詰まらせないよう食べる練習を、家でさせたらいい。』

『最初はかなり小さく切ってあげたよ。幼稚園の頃は、半分に切って。必ず側にいて、口に入れる量や噛む回数やら細かく見てたよ。慣れないと、いくつになっても詰まらせたり、うまく飲み込めないのでは?』

『一歳半頃が、ちょうどお正月だったから食べさせた。今は、小1。お餅(ぜんざい)の食べ方を見ていたら、お箸でつまんで、熱いから餅の端っこを噛んで、ビヨーンと伸びたのが切れるのを待っていた。子供なりに、口に入れるサイズを考えていたよ。あと、毎年、餅を喉に詰まらせて亡くなったって、ニュースを伝えているよ。』

『1歳の末娘も、小さ〜くしたお餅好きだよ。「おばあちゃんのお餅、おいちーね。」って、にこにこしてる。みんなでついたお餅を、キラキラした目で見ているわ。生きる力って言うと、大袈裟だけど、こういう体験は大切だと思う。』

お餅やお節料理は、親から受け継いできたように、子供にも伝えていきたいですね。それでも、喉に詰まらせる事故が多くなるのもお正月。東京消防庁では、お餅の事故を防ぐために、小さく切って食べやすい大きさにする事、ゆっくり噛んで食べる事、必ず保護者が側で注意を払う事を呼びかけています。また、もし詰まらせてしまった場合の応急手当の方法をイラスト付きで紹介しています。

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-kouhouka/pdf/221227a.pdf

もしもの時の対応をしっかりと知り、家族揃って楽しいお正月をお迎えください。

参考トピ(by ママスタジアム)
子供に餅あげる非常識な親いるの‼︎?