child

「足が痛い」と泣く子にオロオロ…もしかして成長痛?

pixta_17887512_M

見た目はとくに変わったところはないのに、子どもが突然「足が痛い!」と訴えてきたら? ほとんどのママがなんとなく「成長痛かな?」と考えるのではないでしょうか。一般的なイメージからそのうち自然と治ると思いがちですが、果たして本当にそう? そもそも成長痛って何でしょう?

一説には子ども全体の1/4ほどに起こるといわれている「成長痛」。まずはいったいどんなものなのかを知っておきましょう。

■身長の伸びと痛みは無関係。「成長痛」って何?

昔から言われるイメージから「とくに思春期の子どもの身長がグンと伸びるとき、関節や筋肉が骨の成長についていけないために起きる」。成長痛が起きる原因を、そんなふうにとらえている人が多いかもしれません。でも、これはまったくの勘違い。そもそも現代の医学的には成長痛の定義、原因、予防法などはないのです。とはいえある時期の子どもたちに共通してみられる痛みはあり、それらをまとめて「成長痛」と呼んでいるのだそう。

<症状の特徴>
●主に3歳~10歳の子どもに多い
●片足(または両足)のひざ、かかと、足首、ふくらはぎなどの痛み
●痛みのある部分は、見た目に赤くなったり腫れるなどの異常がない
●痛みが続くのは、どんなに長くても数時間程度
●夕方~夜に発症し、翌朝になると痛みが消えている

■ストレスからくる痛みかも? 大事なのはスキンシップ

医学的にまだほとんど解明されていない成長痛ですが、推測されている原因には以下のものがあります。

<疲れ>
大人同様に子どもだって、もちろん疲れることがあります。子どもは筋肉や骨がまだ発達過程にもかかわらず、そんなことはおかまいなしに活発に動き回るもの。そうしてたまった疲れが、痛みとなって発症する場合があります。

<ストレス>
弟妹の誕生、クラス替え、ママが働きに出始めたなどの環境変化がストレスとなって発症することもあります。精神的な負担や「かまってほしい」という気持ちが、痛みとなって現れるのだそう。けっして仮病ではありません。

成長するにつれて少しずつ解消していくものですが、少しでもラクにしてあげたいならママや家族のフォローが不可欠です。疲れが原因と思われる場合は、当然ですができるだけ休養させてあげること。激しく足を動かすような運動は避け、温湿布などで痛む部分を温めてあげるとよいでしょう。ストレスが原因であれば、手でなでたりさすってあげるだけで改善することもあるそうです。ギュッとハグしたりそばに寄り添うようにするなど、子どもに安心感を与えてあげられるように心がけて。原因は何であれ、成長痛の一番の特効薬はスキンシップなのです。

ちなみに、成長痛に間違われやすいものとして「オスグッド病」があります。成長痛は10歳以下に多い症状ですが、オスグッドは10~15歳の思春期の子どもに多い病気。ひざの皿の下あたり(すねの骨の上部)に痛みが出るのですが、成長痛とは原因がまったく違います。「オスグッド病」は激しい運動のしすぎによる一種のスポーツ障害です。X線検査ですぐに診断できるので、もし痛みが長引いたりガマンできないほどであれば念のため整形外科を受診しましょう。

ライター・鈴木麻子

【参考】
子どもの成長痛の原因と知識 – NO LOVE, NO TEAM

成長痛.com