child

税金が減る?シンママが知っておきたい寡婦控除

シングルマザーの税金が安くなる「寡婦控除」って何?

id206-01

シングルマザーには税金の優遇がある

所得税や住民税といった税金は、所得の額に応じて変わります。と言っても、金額を計算するときには、所得全額に対して課税されるわけではありません。所得控除として、一定の金額が差し引かれたものに対して課税されます。つまり、所得控除が多いほど、税金は安くなるということ。所得控除にはさまざまな種類が存在し、無条件で差し引かれる基礎控除のほか、医療費控除、社会保険料控除などがあります。シングルマザーの場合は、これらに加えて寡婦控除も適用されます。

寡婦控除が受けられるのはどんな人?

下記の条件を満たせば、税法上「寡婦」と認められ、寡婦控除として所得から27万円を控除することができます。

  1. 夫と死別、または離婚後に結婚していない人(夫の生死が不明の場合も含む)で、総所得金額等が38万円以下で、扶養親族(子どもでなくても可)もしくは生計を同じくする子どもがいる人
  2. 夫と死別後に結婚していない人(夫の生死が不明の場合も含む)で、合計所得金額が500万円以下の人

「特定の寡婦」ならさらに控除が増える

「寡婦」に該当する人が、下記の3つの条件をすべて満たすときには、「特定の寡婦」と認められます。この場合は、通常の寡婦控除にさらに8万円を上乗せした35万円の控除が受けられます。つまり、シングルマザーのほとんどは、「特定の寡婦」となる場合が多いです。

  1. 夫と死別、または離婚後結婚していない(夫の生死が不明の場合も含む)
  2. 扶養親族の子どもがいる
  3. 合計所得金額が500万円以下

寡婦控除はどうやったら受けられるの?

id206-02

確定申告するなら忘れずに

フリーランスや個人事業主、またはアルバイトなどで働いていて、勤務先で年末調整をしてもらえない人は、自分で確定申告の手続きをする必要があります。確定申告書には「寡婦、寡夫控除」の欄がありますので、そこに金額を記入して計算、提出しましょう。

会社勤めの人は会社に申告が必要

会社で年末調整をしてもらう人の場合、会社がシングルマザーであることを知らなければ、寡婦控除の処理をしてくれません。このようなことを防ぐため、会社には事前に自分がシングルマザーである旨を報告しておきましょう。もしくは、会社から「扶養控除等(異動)申告書」をもらった際、「寡婦」または「特別(特定)の寡婦」に○をつけて提出すればOKです。

未婚のシングルマザーも寡婦控除が受けられる?

id206-03
婚姻歴のないシングルマザーは「寡婦」に該当しませんから、寡婦控除を受けて税金を安くすることはできません。しかし、自治体によってはこのような場合でも寡婦控除を受けたものとみなして、他の優遇措置を適用してくれることがあります。

「寡婦控除のみなし適用」とは?

税金の額というのは、保育料の算定や市営住宅の家賃の基準にもなります。そのため、寡婦控除を受けられない未婚のシングルマザーは、あらゆる場面で負担が大きくなってしまいます。そこで近年、全国の自治体で、未婚のシングルマザーも寡婦控除を受けたものとみなして各種利用料の算定等を行う動きが広がっています。詳細は、最寄りの自治体にしっかり確認をしてみましょう。

まとめ

寡婦控除はシングルマザーが受けられる優遇制度の1つ。これを受けることで、所得税と住民税の両方が安くなり、税金の額が3~5万円ほど違ってくるケースもあります。会社勤めの人の場合は、申告を忘れないよう注意しましょう。

【関連記事】
不正受給にならないために!再婚後に気をつけたい支援制度の資格消失届
支援が充実!母子家庭が住みやすい街
子どもが病気になったときに頼りたい「病児保育」とは

オリジナル記事
税金が減る?シンママが知っておきたい寡婦控除