life

「ノロパンチ」でやっつけろ!吹き付けるだけの簡単除菌!

寒い季節になると流行りだす感染性胃腸炎や食中毒。保育園や幼稚園で感染した話を聞くと「次は我が子かも…!?」とドキドキしますよね。感染しないでいてくれることが一番ですが、感染してしまった場合は、家庭内で感染を広げないよう気をつけるのも大変です。

「感染性胃腸炎」に感染するとどうなるの?

pixta_18414076_M

感染性胃腸炎とは、ウイルスや細菌の感染が原因で、吐き気や嘔吐、下痢・腹痛などの急性の胃腸炎症状を引き起こす病気で、代表的なものにノロウイルスロタウイルスがあります。ノロウイルスに感染すると1日〜2日の潜伏期間を経て、感染症や食中毒を発症します。具体的には、腹痛、吐き気、嘔吐、下痢、発熱などの症状があり、大人なら1日〜2日で症状は軽くなりますが、激しい嘔吐や水のような便が出ることなどから、お年寄りや幼児は特に注意が必要です。抗ウイルス剤はないため、通常、対症療法が行われます。

どこで感染するの?どうやって予防したらいい?

ノロウイルスへの感染ルートは主に2つあります。1つ目は、カキなどの二枚貝の生食や、調理者が感染していることに気がつかず調理した物を食べた場合などに感染する経口感染です。2つ目は、感染した人の便や吐物に触れた手を介する接触感染や、人から人への飛沫感染です。

感染しないためには、加熱が必要な食品はしっかり加熱をすることや、感染者からの二次感染を防ぐことが大切です。二次感染を防ぐには、感染者の便や嘔吐物の処理の際に注意が必要です。直接触れない様に手袋やエプロンをして、ペーパータオルなどで取り除いた後は、ビニール袋に入れて、しっかり密閉して処理をしましょう。また、トイレや床、食器、カーペットや布団についてしまった場合も、きちんと除菌をすることが大切です。

「ノロパンチ」でウイルスを簡単除菌!

 

では、どのように除菌をするのが良いのでしょうか。ノロウイルスには、一般的に塩素系漂白剤や次亜塩素酸ナトリウム、高温での処理が有効と言われています。しかし、これらの方法だと拭き取りをしないといけなかったり、金属を錆びさせたり、布地の場合は漂白されてしまうこともあるんです。

そこで、今回おすすめしたいのが健栄製薬株式会社さんの「ノロパンチ」!この「ノロパンチ」は、エタノールにクエン酸を配合し、pHを弱酸性にすることでエタノールの除菌効果を増強しています。そのため、これまでアルコールが効きにくかったノロウイルスやロタウイルスなどの「ノンエンベロープウイルス」の除菌にも効果を発揮するそうなんです。さらに、食品添加物でできているため、万が一口に入っても安心です!塩素系漂白剤や次亜塩素酸ナトリウムのように拭き取る必要もありません。気になる場所にパパッと吹きかければOK!トイレの便座やマット、調理道具、カーペットや布団、ドアノブやおもちゃにも使用可能です!小さい子どもがいるママには助かりますね。

感染してしまった場合にも、感染を防ぎたい場合にも、どちらにもおすすめしたい「ノロパンチ」!なんといっても、気になる場所に吹き付けるだけでOKという簡単さ!感染を防ぐには、ウイルスを体内に入れないことが重要です。万が一、お家に持ち帰ってしまったウイルスは「ノロパンチ」で除菌して、今年の冬を乗り切りましょう!

文・Sugao