recipe

秋の行楽★運動会のお弁当レシピ!ハンバーグ&唐揚げのおにぎり弁当

IMG_5986

子供が大好きなハンバーグと唐揚げを具にした豪華なおにぎりがメインのお弁当。
定番の卵焼きは、彩りとかわいらしさを工夫し2種類用意しました。
行楽弁当は、手づかみで食べられるメインを用意し、おかずには串やカップを利用して食べやすくするのがポイントです。

<①:ハンバーグ&唐揚げのおにぎり>

IMG_6064

材料 4人分

ハンバーグ(冷凍食品)
:4個
唐揚げ(冷凍食品)
:4個
焼き海苔
:8枚
スライスチーズ
:少々
サラダ菜
:4枚
マヨネーズ
:少々

作り方

1.ハンバーグと唐揚げは、電子レンジで加熱し、粗熱をとる。
おにぎりを8個にぎり、半分にハンバーグを、残りに唐揚げ&サラダ菜を包みこんで海苔を巻く。
2.ハンバーグにはスライスチーズで作った目・口をつけ、唐揚げには、マヨネーズを少々ちらす。

ポイント

1.手のひらにごはんを広げ、中央に具を置いて包み込むように。崩れやすいので、いつもよりちょっとだけ強めににぎりましょう。

<②:ほうれん草とカニカマの卵焼き>

IMG_6087

材料 4人分

:6個
かつおぶし
:6g
:小さじ2/5
ほうれん草
:2株
ベーコン
:1枚
カニカマ
:4本
炒り黒ごま
:12粒

作り方

1.かつおぶしを湯100ccに浸す。
ほうれん草は1分塩茹でし細かく刻み、茎は短くカットし8本分とっておく。
ベーコンは細かく刻む。
2.卵を割りほぐし、かつおぶしを取りだした湯、塩を混ぜて等分し、半量にはほうれん草・ベーコンを混ぜる。
3.卵焼きパンに油少々を熱し、それぞれ1/3ずつ流し焼く。
ほうれん草を入れてない卵ダネは、カニカマの白い面が内側にくるように2本ずつ中央に置いて焼き、カット断面が見えるように盛り付けて、黒ゴマ・ほうれん草の茎を飾り、リンゴのようにする。

ポイント

1.焼きすぎると綺麗な断面が作れません。やや半熟の状態で巻き、すぐにカットせず予熱で火が入るのを待ちましょう。

<③:サバの龍田揚げ>

IMG_6104

材料 4人分

サバ(3枚おろし)
:1尾
★酒
:大1
★醤油
:大1
★砂糖
:小1
片栗粉
:大1

作り方

1.サバは骨を抜き一口大のそぎ切りにする。
★を合わせてサバを15分ほど漬ける。
サバの汁気を軽くきり、片栗粉をまぶす。
2.フライパンにサラダ油大さじ3を熱し、サバを並べる。蓋をして中火で5~6分、途中返しながら蒸し焼きし、ペーパーにとって余計な油を吸わせる。

ポイント

1.漬け置く時間は15分がベスト。長く置くと身が固くなるのでご注意を。

<④:野菜の浅漬け串>

IMG_6098

材料 4人分

キュウリ
:1/2本
プチトマト
:4個
ニンジン
:4cm
★酢
:大6
★砂糖
:大4
★塩
:小4/5

作り方

1.キュウリはしましまに皮をむき、1.5cm厚の輪切りにする。
プチトマトはへたをとって十字に切りこみを入れる。
ニンジンは1cm厚の輪切りにし星型で抜く。
2.キュウリ・ニンジンは塩少々をもんで3~4分置き、汁気を軽く絞っておく。
3.ポリ袋に★を合わせ、野菜を入れ、30分ほど漬け置く。
4.キュウリ・プチトマト・ニンジンの順に串に刺す。

ポイント

1.漬け置く時間は、シャキシャキ歯ごたえがしっかり残る30分がベスト。長時間漬けると野菜の色がくすんでしまうのでご注意を。

<⑤:カボチャの生姜焼き巻き串>

IMG_6092

材料 4人分

カボチャ
:160g
豚肉(ロース薄切り)
:4枚
★醤油
:大1
★みりん
:大1
★生姜の絞り汁
:1片

作り方

1.カボチャはラップに包みレンジに30秒かけ1cm厚の一口大に切る。
豚肉は★を軽くもんで下味をつける。
2.カボチャを豚肉で巻く。フライパンにサラダ油少々を熱し、途中返しながら中火で4~5分焼く。
3.豚肉に火が通ったら半分にカットし、2個づつ竹串に刺す

ポイント

1.火の通りにくいカボチャは、しっかり加熱しておいてから巻く。

<⑥:カップスイートポテト>

IMG_6080

材料 4人分

サツマイモ
:100g
バター
:15g
砂糖
:15g
牛乳
:大1/2
:少々
アーモンドスライス
:適量

作り方

1.サツマイモは皮をむいて乱切りにし、水にさらす。
水を切り、電子レンジで加熱(1000wで2分)してマッシャーやフォークで潰す。
2.熱いうちにバター・砂糖・塩を混ぜ、牛乳を加えながら好みの固さにする。
3.絞り袋に入れてカップに絞り、アーモンドをトッピングしてオーブンで加熱する(180℃で20分)。魚焼きグリルやトースターで焼いてもOK!(ただし、カップは必ず耐熱の物を使用してください)