life

紗栄子さんのバブルな恋愛と「トロフィーワイフ」

288ba150cf91b23f1e91d9272526e95c_m

「トロフィーワイフ」という言葉を知っていますか? アメリカでは仕事で成功し大金と名声を手に入れた男性が、若くて美しい女性と結婚し妻にする時に使われます。自分の成功を周りに見せつけ、ご褒美に手に入れたキラキラ輝くトロフィーのような妻、というようなニュアンスでしょうか。

少し前、この言葉を彷彿とさせるような報道がありました。タレントの紗栄子さん(28)と会社経営の男性(39)との交際報道です。砂栄子さんといえばメジャーリーグで活躍中のダルビッシュ有選手(29)と2007年に結婚、2012年に離婚しています。いわゆる「できちゃった婚」で2人の男の子がいます。このご夫婦の協議離婚時は、5億円の一時金に養育費月500万だの、慰謝料なしの養育費月200万だの様々な噂が飛び交いました。今回紗栄子さんがお付き合いしていると報道されたのは、これまた華やかな男性でした。大手ファッション通販サイトなどの会社を運営する社長さんとのこと。今春、アメリカの経済紙『フォーブス』が発表した「日本の富豪トップ50」で23位にランクインしていて、資産15億ドル(約1800億円)ともいわれていることで大きな話題となりました。

まだ交際報道だけで結婚報道はありませんが、まるでバブル期のような華やかな男性遍歴に、羨望や妬みもあって「トロフィーワイフ」という単語が出てきたのかもしれません。勝ち組と呼ばれる男性の中には、結婚するなら若い子、女優さんかモデルがいい、などの発言で女性陣から反感を買うことがあります。これもトロフィーワイフへの憧れからくるのではないかと思われます。しかし、トロフィーワイフに憧れるのもいいですが注意点もあります。それは、「若い」には期限があるということです。いつまでも若くて美しい妻でいることは至難の業。男性もいつまでも「お金持ち」でいるとは限りません。若くて美しい妻を手に入れても、お金持ちの妻の座についたとしても、目標を達成してしまった後にもそのモチベーションのまま生活していくのは大変でしょう。妻の若さが失われていくにつれ、また別のトロフィーを欲しがることにもなりかねません。
同じことを繰り返さないよう、妻が夫をうまくコントロールしていく賢さが必要でしょう。

※本記事は岡野あつこの「離婚修復相談所」が執筆しました。夫婦問題についてもっと知りたい方はこちらから!

http://xn--h1ss7pvwstvsw0n.jp/