husband

武豊さんと美馬怜子さん、不倫報道はどちらもダメージ大です。

9848a7c1c1683703d441e9074e31417e_m

先日、実力も人気もある騎手の武豊さん(46)と、フリーアナウンサーの美馬怜子さん(31)の不倫報道がありました。六本木で手をつないで歩いている姿を写真に撮られ、そのままタクシーで武さんの宿泊しているホテルに向かったということです。武さんは1995年にタレントの佐野量子さん(47)と結婚してるので、報道が真実ならば不倫関係ということになります。武さんは、「競馬関係の知人のひとり」と話しており、不倫関係は否定しています。

どんなに時代が変わっても、なくならないのが不倫です。特に多いのが職場での不倫。長い時間一緒にいることで、相手との距離が近くなっていくのでしょう。しかし不倫はたとえ事実ではなくても噂が立つだけで大きなダメージとなってしまいます。それが人気商売であるならなおのこと。武さんのような騎手は、他の競技の選手と比べると比較的長く選手生活を続けられことで収入も多く、女性にも人気の職業といわれています。アナウンサーの美馬さんも同じこと。それぞれスポンサーやファンを裏切ることにもなりかねません。不倫報道はマイナスイメージでしかないのです。特に女性にとって、不倫はかなりのダメージを与えるものです。いけないと思いながらもダラダラと関係を続けてしまい、気付けばどっぷり深みにハマってしまう・・。もし将来子どもを持つことを考えているのなら、妊娠・出産にはタイムリミットがあります。女性として最も輝く大切な時間が、無駄に過ぎて行くことに気づかなければなりません。

また不倫は本人たちにダメージが大きいだけでなく、周りの人たちも巻き込まれてしまいます。自分の配偶者、相手の配偶者、それぞれの親や子ども、職場の人たち。ダメージの度合いはそれぞれでも、自分の身近な人が不倫をしているとわかったら、大なり小なりいたたまれない気持ちになります。不倫をしてしまったことで夫婦関係にひびが入り、修復か離婚かで悩み、なおかつ仕事にも支障をきたすこともあり、不倫を続けながら家庭も円満、仕事も順調、など現実ではほとんどあり得ないことを肝に銘じるべきでしょう。

男性と女性ではダメージの大きさが違う不倫。男性にとってちょっとした火遊びでも、女性にとっては結婚、出産、そして仕事まで失うリスクがあるのです。自分にとってなにが幸せなのか、後悔しない選択をしてほしいと思います。

※本記事は岡野あつこの「離婚修復相談所」が執筆しました。夫婦問題についてもっと知りたい方はこちらから!

http://xn--h1ss7pvwstvsw0n.jp/