child

トイトレに替わるエリミネーション・コミュニケーション(EC)って?

Baby on the pot

トイレトレーニング(トイトレ)をいつから始めるか悩むママも多くいるかと思います。またトイトレって面倒くさい、洗濯物が増えるなどとマイナスイメージもありませんか?

そんなトイトレに対して、今回はEC(エリミネーション・コミュニケーション)という方法を紹介したいと思います。

elimination(エリミネーション)=排泄

communication=コミュニケーション、

これらを略したのがEC(イーシー)です。

これはママがうんちやおしっこのサインをキャッチしてあげ、早いうちからおまるやトイトで排泄させてあげる方法です。

うんちをするときに、踏ん張っている顔をしたりうなり声をだしたり、おしっこする時に動きが急に止まったり、足をバタつかせたり、一点を見つめたり、といった何らかのサインをだしている姿を、きっと一度は目にした事があるかと思います。

そのサインは赤ちゃんの排泄したい‼︎(したよー‼︎)というサイン。この時にトイレに座らせてあげるのがポイントです。これにだんだん慣れてくるとトイレに座ってから排泄出来るようになります。

実際私は娘が生後5ヶ月から行っていますが、2日目にトイレでおしっこが出来ました‼︎10ヶ月にはうんちも毎日トイレでするようになりました。

■トイトレとECの違い

トイレトレーニングは排泄の時にオムツよりトイレが良いんだよ、と教えることです。ECは、排泄はトイレでするものと早い段階で教えそもそもオムツに排泄するという事を植え付けないようにしていくのです

またトイトレと違いECは取り組みやすい点が挙げられます。

①生後間もなく(首が座るぐらい)思いたった時にいつからでもできる。

②必ず毎日でなくても良い。(ママに余裕がある日だけでもいいんです。)

ECはあくまでもコミュニケーションに主眼を置いています。

赤ちゃんがお腹が空いたとサインをだしたらご飯をあげますよね。それと同じように、排泄する時もサインがあるので、見逃さずママが対応してあげることがコミュニケーションに繋がるのです。

子どもの排泄にお悩みの方は一度お試しになってはいかがでしょうか?

関連記事

トイトレ実況中継!保育士ママが実践するトイレトレーニング〜スタート編〜
今回は保育の現場で働いていた経験をいかしつつ、“褒めて楽しく! 笑顔のトイレトレーニング”を目標に、毎日奮闘するトイトレの様子を実況レポートさせていただきます。タイトルにもあるように、まだまだ始めて2週間程度なもので、はじめに事前の準備期間やトレーニング初期の様子をお話しさせていただきたいと思います。
トイレトレーニングが進まない……良いアイディアは?
おしっこの間隔が2~3時間くらいになったらトイレトレーニングを始める一応の目安になりますが、お子さんによって発達の度合いが違います。焦りは禁物ですよー。
トイレトレーニングが1週間で完了、その秘訣とは?
新しく入った保育園の2歳児クラス。オムツをしていたのは筆者の娘だけ、みんなパンツを履いています。 当時娘はちょうど2歳半、クラスには娘よりも小さな月齢の子もいましたが、娘を除いた12人全員トイレトレーニングは終わっていました。