entertainment

この秋にチャレンジ!美術館の楽しみ方とおトクに巡る方法

記事提供:@niftyわたしのマネー術

1030_topics%20imasia_15550773_M_1.jpg

美術館の楽しみ方のちょっとしたポイント

美術館と聞くと、ちょっと敷居が高く感じてしまうかもしれませんが、自分なりの楽しみ方を見つけると日常からリフレッシュできるとても素敵な時間になることも。今回はそのちょっとした楽しみ方のポイントをご紹介します。ぜひこの秋に試してみてはいかがでしょうか。
まず、美術館めぐりの初心者にオススメなのが、美術鑑賞と一緒にミュージアムにあるカフェやレストランでの時間を作ること。建物自体がアートを感じるところも多く、緑溢れるガーデンを臨みながらのティータイム、有名レストランでのお食事は、さらに優雅な時間を過ごせること間違いなしです。少し値が張りますがその美術館こだわりの豆を使ったコーヒーを楽しむことも、リフレッシュに。
時間に余裕がある時は、美術館の周りをお散歩してみてみましょう。感性を磨いた後のお散歩は、いつもとは違う自然を感じられるかもしれません。
もう少し美術品の知識を身に付けたい方は、ミュージアムショップへ。訪れた企画展にちなんだ本や、アーティストについての書物をチェックしてみるのも楽しそう。少し時間が経った後でも、どの美術品が印象に残ったのか覚えておくこともできる企画展のオリジナルグッズ、例えばハガキを購入するのもオススメです。鑑賞した作品の知識を増やすことで、さらに心に奥深く残るでしょう。

年間パスポートやぐるっとパスを活用しておトクに回ろう

美術館によっては、遊園地やテーマパークのように年間パスポートを設けているところがあります。例えば森美術館では、年間6,000円で森美術館と東京シティビュー、スカイデッキを何度でも無料で利用することができます。また、東京国立近代美術館では、MOMATパスポートを1,000円で発行しており、一年間何度でも訪れることができるようです。
都内78カ所の美術館や博物館などの入場券や割り引き券などがセットになった「ぐるっとパス」も、2,000円と破格の値段。関西地区を対象にした「ミュージアムぐるっとパス・関西2015」もあります。気になる美術館をぐるっとパスを使って賢く楽しみ、お気に入りの美術館が出来たら、年間パスポートを購入してみるのもいいですね。
心が動く作品に出合うと感性が研ぎ澄まされて、日常の些細な幸せを見つけるヒントになったり、新しい考えが思い浮かんだり、豊かな時間を過ごせるかもしれません。

コラム出典:この秋にチャレンジ!美術館の楽しみ方とおトクに巡る方法
(by @niftyわたしのマネー術)