campaign

シンママが目指すべき働き方は?雇用形態の理想と現実

id161-04

シンママにとって、仕事は必要不可欠なもの。子どもとの生活を守るため、「がんばろう!」という気概を誰よりも強く持っていると思います。しかし、「仕事」や「働き方」で苦労することが多いのもシンママならでは。安定的な収入を得るのが難しい状況にある方も少なくありません。シンママが子どもと家計を両立する手段は、あるのでしょうか? 理想の働き方を探りました。

Q1. 現在の雇用形態はどれですか

id161-01

  1. パート・アルバイト 35.0%
  2. 正社員 34.0%
  3. 仕事はしていない 14.0%
  4. 契約社員 7.0%
  5. 派遣社員 5.0%
  6. 自営業・在宅ワーカー・フリーランス 5.0%

(ママモワ「シングルマザーに関する調査」より作成、N=100)

非正規で働くシンママがほぼ半数

最も多かったのは「パート・アルバイト」(35.0%)。「契約社員」(7.0%)、「派遣社員」(5.0%)を含めると、約半数が非正規社員として働いていることになります。融通がききやすいことから、シンママにはありがたい働き方ですが、将来に不安を感じている方も多いかもしれません。

正社員シンママは約3割

一方、正社員として働いているシンママは34.0%。「少ない……」と思うなかれ。厚生労働省の国民生活基礎調査(平成26年)によると、就業している女性のうち、正社員で働いている人の割合は16.8%。シンママの正社員率は高いといえます。シンママが正社員になるのは難しいといわれますが、パートや契約社員などから正社員になるシンママもいますので、決して不可能ではないのです。

参考:厚生労働省「国民生活基礎調査の概況」

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa14/index.html

Q2. 理想とする雇用形態はどれですか

id161-02

  1. 正社員 56.0%
  2. パート・アルバイト 21.0%
  3. 自営業・在宅ワーカー・フリーランス 11.0%
  4. 契約社員 5.0%
  5. 専業主婦 4.0%
  6. 派遣社員 3.0%

(ママモワ「シングルマザーに関する調査」より作成、N=100)

やっぱり夢は「正社員」!

理想の働き方として選んだ方が多かったのは、やはり「正社員」(56.0%)。現実では約半数の方が非正規社員ですので、そのうちの多くの方が「正社員になりたい!」と思っているのかもしれません。

「フリーランス」「専業主婦」を夢見る人も?

「パート・アルバイト」(21.0%)や「契約社員」(5.0%)、「派遣社員」(3.0%)など非正規社員としての働き方を理想とする方は、約3割。自分の裁量で働ける「自営業・在宅ワーカー・フリーランス」を理想とする方も1割程度います。中には「専業主婦」(4.0%)と回答した方も。「子どものための時間がもっと欲しい!」という切実な思いが、アンケート結果に垣間見えます。

Q3. 理想とする理由はなんですか

id161-03

  1. 安定して働けそうだから 49.0%
  2. 時間の融通がききそうだから 35.0%
  3. 給与が良さそうだから 7.0%
  4. 福利厚生など待遇が良さそうだから 6.0%
  5. 将来的にキャリアアップが見込めそうだから 1.0%

(ママモワ「シングルマザーに関する調査」より作成、N=100)

シンママが仕事に求めていることは……?

最も多かったのは「安定して働けそうだから」(49.0%)。ついで「時間の融通がききそうだから」(35.0%)という結果になりました。おそらく前者を選んだ方は正社員、後者を選んだ方は正社員以外の働き方を理想にしている方でしょう。生活の安定か、それとも子どもとの時間か……。どちらを優先するかで、理想とする働き方が違ってきそうです。

まとめ

正社員を最良の働き方と考え、正社員になることを目指しているシンママもたくさんいますが、考え方はひとつではありません。パートやフリーランスなど、正社員以外の働き方を理想とし、自分なりの幸せのカタチを模索するシンママもいるということです。型にはまらず、広い視野で仕事や働き方について考えてみることも、必要なのかもしれません。

【関連記事】

シングルマザーの仕事に資格はあった方がいいの?取るとしたらどの資格? 

案じるより働くが易し!?シンママの仕事選びの不安と現実 

シングルマザーが就職で注意したい面接のポイント 

【オリジナル記事】

シンママが目指すべき働き方は?雇用形態の理想と現実