mama

【理系育児】第二回 この離乳食メニュー、問題ありますか?(10ヶ月)

質問フォームにて募集させていただいた離乳食の悩みや疑問について、WHOガイドラインを中心に情報提供をしていく企画、第2回目です。たくさんのご応募、ありがとうございます!どれも共感できるものばかりですが、今回は、こちらのご相談を取り上げます。

ゆうゆうさん(お子さんは10ヶ月)
三回食ですが、ランチは決まってベビーフード。朝晩は手抜きでシラスご飯に野菜類や味噌汁、豆腐といった感じで適当です。が、とにかくよく食べて、足りないときは食パンをあげてます。おやつはベビー煎餅を多い日には6枚くらい食べます。
最近はSNS等で凝った離乳食をしっかりあげてる様子をよくみますが、こんな手抜きだと子供の味覚形成に支障ありますでしょうか?

SNS等で目にする「凝った離乳食」と比べて、自分の食事は手抜きに感じるけれど大丈夫かな?と思っていらっしゃるんですね。食卓事情は、家庭によっても、文化によっても、大きな違いがありそうですよね。では、「味覚形成」と「手抜き料理」の問題をシンプルにするために、ここでは、日本流の離乳食ではなく、WHOが推奨する補完食として、一つずつ考えてみたいと思います。

●赤ちゃんにとって「良い味」とは?

2cbf12a2399b58f4afda2285c8ac8470_m

まず、味についてですが、WHOガイドラインによると、「塩分・スパイス控えめである」ことが、良い補完食の条件です(1)。また、砂糖豊富なおやつは、お腹がいっぱいになって栄養豊富な食事ができなくなることや、肥満・虫歯などのリスクがあるので、避けた方がいいそうです(2)。つまり、「しょっぱい・辛い・甘すぎる」ものは、注意が必要なんですね。

そのうえで、ゆうゆうさんの食事を拝見しますと、しょっぱい・辛い・甘すぎるものはあるでしょうか。なんにも問題なさそうですよね!

5176c2eaa1353b8666f49eb73d584e25_m

「味覚形成」は定義も証明も難しいので、現実的に私たち親が子どもの味覚に配慮するとしたら、手作りの食事・ベビーフード・おやつなどは、味見をして「しょっぱい・辛い・甘すぎる」ことがなければ良い味!
という、シンプルな基準で考えてみるのはいかがでしょうか。

●赤ちゃんにとって「良い食事」とは?

2fffafc3e2934766947c7b2bde893a7d_m

次に、「手抜き料理」について、考えてみます。補完食の目的とは、「月齢6ヶ月~23ヶ月の子どもが、母乳やミルクだけでは足りなくなった栄養素を補うこと」です(3)。つまり、子どもにとっては、「どのくらい手間をかけた料理か」ではなく、「必要なエネルギーと栄養素が補えるか」が重要なので、その点に注目したいと思います。

必要な栄養素を補うために、WHOは次の6つのグループの食材を推奨しています(4)

①主食
②動物性食材
③乳製品
④豆類
⑤緑黄色野菜
⑥油脂類

これらを踏まえて、子どもにとって「手を抜いていない食事」かどうか判断するためには、
必要な食材グループが複数入っていたら、良い食事!
というシンプルな基準で考えてみるのはいかがでしょうか。

この視点で、ゆうゆうさんの食事を拝見しますと、ご飯や食パンは①主食、しらすは②動物性食材、野菜類やみそ汁にカボチャ・人参・小松菜などが入っていれば⑤緑黄色野菜、豆腐は④豆類、と、少なくとも4つのグループが含まれている、栄養豊富な食卓であることが分かります!お子さんも食欲旺盛なようですし、毎日おいしく食べられているんだろうなと想像します。

●さらに栄養面を追及するなら?

残りはあと2グループだけですが、⑥油脂は調理に菜種油などを使っていればそれでいいし、ゴマや砕いたピーナッツなどを加えるだけでもいいそうです。アレルギーがなければ②乳製品も追加できると、全てのグループを網羅できてしまいます。
また、一般的に、赤ちゃんせんべいやベビーフードは、それだけでは栄養素の種類やカロリーが不足しがちなので、物足りないようであれば牛乳やヨーグルト、フルーツなど、簡単に用意できるものをプラスしてみてもいいかもしれません。
WHOは、良い補完食の例としていくつかレシピを公開しているのですが、「SNSに写真をアップするには地味かも」と思ってしまうシンプルさです(5)。でも、実はそれでいいんですね。

●参照記事

(1)レシピ本のメニューが良いとは限らない!離乳食のポイント5つ
(2)離乳食としてNGな食べ物・飲み物
(3)WHOガイドラインまとめ|補完食は離乳食と別のものです
(4)WHO推奨|離乳食で食べさせたい6種の食材
(5)WHOのレシピは簡単で栄養豊富!

●質問募集中!

引き続き、個別の悩みに対して、問題解決できるような・少しでも気持ちが楽になれるような、情報提供をしていきたいと思っています。今離乳食で悩んでいることや疑問に思っていることなど、専用フォームからお寄せください。

●筆者プロフィール●
1444974959-1e99e0984bdb20e736bbadc5e78f897d

理系出身の研究者で二児の母。第一子の子育て中に、科学的に偏った情報や、赤ちゃんの気持ちを無視したアドバイスに悩んだ経験から、「根拠ある情報を、世界のトップレベルのスペシャリストから学びたい!」と一念発起。2013年頃から始めたブログ「ちょっと理系な育児」にて、WHOに許可を得てガイドラインを翻訳公開。現在、第二子の出産・育児に奮闘中。


関連記事