campaign

どうすればいい?国や会社から発行される書類のトリセツ

記事提供:@niftyわたしのマネー術

1026_colum%20imasia_10920854_M_1.jpg

国から発行される書類は大切?

国や市町村、自分が勤務する会社などから、年金や健康保険に関する通知やお知らせを受け取ったとき、皆さんは中身をしっかりチェックしているでしょうか。見慣れない書類に戸惑い、見方がわからない、何をしたら良いのかわからないという理由から、引き出しの奥に放置してしまったり、紛失してしまったりした方もいるかもしれません。これらの国や会社から発行される書類には、いくつかの種類がありますが、具体的に手続きをしなければならない場合や、会社を退職したときなど後々必要になる場合があります。私たちが受け取る可能性がある書類について、具体的に見ていきましょう。

「源泉徴収票」について

まずは、源泉徴収票についてです。会社に勤めている方なら、一度は目にしたことがあると思います。源泉徴収票は、給与や退職金、公的年金などの支払者である企業が2通作成し、1通は税務署に提出され、もう1通は従業員に交付されます。この書類には、あなたが1年間でもらった給与や退職金、公的年金などの支払額、源泉徴収された所得税額、生命保険料の控除額、配偶者控除額などが記載されています。毎年12月または翌年1月支給分の給与明細と一緒に渡される場合が多いですね。
会社からのお給与以外に収入があり、確定申告をする場合や、転職や退職をした際に必要となる大切な書類です。今すぐ使う用事がなくても、少なくとも次の源泉徴収票が発行されるまで、1年間は必ず保管するようにしましょう。万が一紛失してしまったときは、勤めている会社に依頼して、再発行の手続きをとる必要があります。会社が倒産してしまって再発行を依頼するのが難しい場合は、税務署に相談してみましょう

コラム出典:どうすればいい?国や会社から発行される書類のトリセツ
(by @niftyわたしのマネー術)