campaign

シンママだからこそ作っておきたい頼れるママ友

id150-01

遠い親戚より、近くのママ友のほうが頼りになることがあります。シングルマザーだからこそ、子育てのつらさを分かちあい、いざというときに頼れるママ友の存在は心強いもの。今回は、ママ友作りのすすめについてご紹介します。

■ママ友って本当に必要?

id150-02

「付き合いが大変」「トラブルがつきもの」といった悪いイメージを持たれることもあるママ友ですが、うまく付き合うことでシングルマザーにとっては頼れる存在になることがあります。

大人の話し相手がいることは安心感につながる

シングルマザーは外での仕事から帰っても、家事や子どもたちの世話など何かと忙しいもの。時には精神的にも体力的にも疲れてしまうことってありますよね。近くに家族や親戚等がいない場合はなおさらです。子どもと向き合う時間はもちろん素敵な一時ですが、うれしいときや、逆に弱っているときに話を聞いてくれるママ友がいると、とても大きな安心感につながります。

子どもの学校での様子や、情報を得られる

子どもが小さいときには、子育ての不安や気になることをママ友同士で情報交換することで、安心できたり、助けてもらえたりすることがあります。また、子どもが大きくなって小学校、中学校と上がっていくと、思春期になりあまり学校のことを話してくれないかもしれません。そんなとき、ママ友から得られる学校の情報はとても重宝します。

トラブルがあったときにも情報をもらえる

何かトラブルがあったときには、友達から見た我が子の様子など、客観的な情報をもらうことができます。うちでも、息子が明日の持ち物などを忘れてしまい困ったときには、よくママ友に電話して聞いたりしています。

精神的な助けになったり、大切な情報が得られたりと、シングルマザーにとってママ友は心強い存在。あまり難しく考えず、気軽にママ友を探してみましょう。

■『ママ友』ってどうやって作るの?

id150-03

ママ友作りは大変?

そもそも『ママ友』にどのようなイメージをお持ちですか? ランチに一緒に行ったり、休みの日は子どもを連れて一緒にお散歩に行ったり……、なんて考えるとどうしてもハードルが高くなってしまいます。あまり気負わずに、保育園のお迎えや学校の授業参観のときなどに、子どもの仲良しさんの親御さんにお礼がてら話しかけてみましょう。案外、気が合って話が盛り上がるかもしれませんよ。

自分から話しかけてみよう!

シングルマザーに限らず、「ママ友を作りたい」と思っている人は結構多いものです。けれど、自分からは話しかけられないという人がほとんど。待っているだけではなく、「気が合いそうだな」と感じたら気軽に話しかけてみましょう。

まずは挨拶から

ママ友だからと、最初から無理して仲良くなる必要はありません。園や学校に行った際に、挨拶をしたり少し話したりする程度でも十分なのです。気が合えば、そこからもっと仲良くなっていけばいいのですから。

■『ママ友トラブル』を避けるために心得ておくこと

id150-04

社会でもさまざまな人がいるように、一言に「ママ友」と言ってもいろんな家庭環境があり、考え方も人それぞれ。気の合う人もいれば、そうでない人もいます。そんなママ友との間でトラブルになる前に、シングルマザーが心得ておくと良いことをご紹介します。

あなたは大丈夫?こんなママ友は勘弁!

基本的なことですが、人の悪口を平気で言う人、(自分や子どもの)自慢話の多い人、お礼の言葉がない人はシングルマザーに限らず避けられてしまいます。自分がついやってしまっていないか考えてみましょう。

周りと比較しない

つらい状況から、やむなくシングルマザーになった方がほとんどだと思いますが、そんな自分を周りと比べて「不幸だ……」と感じてしまうと、心が疲弊してしまいます。そういった考え方は、周囲からも受け入れられにくいもの。過去にとらわれるのではなく、子どもと自分の未来のために、『今』を大切に過ごすことで心の安定と周囲の共感を得られるのです。『うちはうち、よそはよそ』で割り切ることが大事です。

お金の話はなるべくしない

生活費や教育費など、どの家庭でも気になるところですが、お金の話はいらぬ火種を作ります。シングルマザーは国からの援助をもらえるため、不公平と考える心無い方がいるのも事実。また、同じシングルマザーでも、別れた相手から養育費をもらっている人、いない人などの違いもあります。ママ友と話すときは、なるべく家計の内訳は話題にしないようにしましょう。

聞き流すことが一番

ママも人それぞれ。口の悪い人もいれば、優しく接してくれる人もいます。ママ友の言葉に一喜一憂せずに、聞き流す『術』を身に付けるといいと思います。シングルマザーにとっての優先順位は、子どもや仕事が断然上。その他のことを気に病む必要はないのです。何かを言われても、あまり気にしないようにしましょう。どうしても気が合わないなら、距離をとるなど、ストレスのかからない付き合いを心がけましょう。

■まとめ

ママ友は絶対作らなきゃダメ! というものではありませんが、忙しいシングルマザーにとって、うれしい存在なのは事実。私は、子どもが中学生の頃、思い切ってPTA役員に立候補してそこで知り合いを増やすことができました。また、部活の父母会で気の合う人を見つけ、集まりの際にはコーヒーを飲みながらおしゃべりをしたり、忙しい私に代わって大会会場への送迎をしてもらったりと、いろいろな面でお世話になりました。べったりな付き合いをする必要はありませんし、お互い持ちつ持たれつの関係と考え、気軽にママ友を作ってみてくださいね。

【関連記事】

支援が充実!母子家庭が住みやすい街 

施設の相談窓口はどんなものがあるの?困ったときのシンママの頼り先

シンママがいざというとき頼れるのは?孤立の不安を解消するには

 

【オリジナル記事】

シンママだからこそ作っておきたい頼れるママ友