health

こんなに多いの?赤ちゃんの予防接種は計画的に!

記事提供:Mocosuku

こんなに多いの?赤ちゃんの予防接種は計画的に!

赤ちゃんにとって、予防接種は危険な病気を確実に予防できる大切なもの。だけどその種類はびっくりするほどたくさん!きちんと受けるためには、しっかり計画することが必要です。
今回は赤ちゃんの予防接種、そのスケジュールの組み方について、詳しい話を医師に聞いてきました。

赤ちゃんの予防接種が重要なワケ

出生時の赤ちゃんは、お母さんからもらった免疫により守られています。しかし数ヶ月するとその免疫は消え、病気にかかりやすく、重症化する可能性が高くなります。赤ちゃんの身体はとても弱く、この時期に重篤な病気にかかると、ときとして命に関わったり後遺症が残るなど、影響を受けやすく、予防接種で赤ちゃんを守る事はとても大切です。
現在予防接種の種類はかなり多く、一度ですまないものがあったり、子供の体調によっては接種できなくなる日も出てきます。ですから、あらかじめスケジュールを立て、接種を確実にしていく必要があります。 まず赤ちゃんの身体に一番最適な(推奨される)接種時期を把握しましょう。 生後1年未満にかかりやすく、重症化しやすい病気のワクチンは、1年未満に接種する必要があります。
また接種が早すぎると身体に負担が大きいため、推奨される時期があるのです。推奨時期は、それぞれ自治体で発行される予診票などからわかります。

予防接種を受けるまで

1. 自治体からの予診票を確認
出生届けを提出した自治体から生後1ヶ月頃に予診票が届きます。無料で受けられるものと自己負担になるものがあります。公費負担で受けられる定期接種、自己負担で受ける任意接種、それぞれを確認します。任意の予防接種の内容を確認して決定しましょう。
2. 生後2ヶ月から接種スタート
予防接種を開始できるのは、生後2ヶ月からです。種類も多く、全て完了するのにも時間のかかる予防接種。風邪を引いた際は受けることができません。そのため、受けられるものは、受けられる時に、なるべく早めに受けていく事が必要です。
3. 順番に予防接種を受ける
一度予防接種を始めたら、接種後に、次回接種できる予防接種の種類と、時期を確認し、予約をとりましょう。予防接種をして次回の予防接種の確認・予約…を繰り返し行っていきます。
かかりつけの小児科とも予防接種後に
・次回の予防接種は何にするのか、
・次回はいつを行うのか
などの確認をとりましょう。

スケジュールを組むために、知っておきたいこと

1. 複数同時接種をが可能
ワクチンは同時に何本も接種することが可能です。同時に接種した事で、何か副作用が出る、効果に影響が出ることはありません。同時接種をして、接種後、次回に接種することができるワクチンを確認していきましょう。
2. 生ワクチンと不括化ワクチン、次回予防接種までの間隔
ワクチンは、生ワクチンと不括化ワクチン2種類に分けられます。 生ワクチンを接種した場合、4週間予防接種を受ける事ができません。そのため、異なる予防接種を数回にわたり接種する時期は、不括化ワクチンを先に接種した方が、短期間に多くの予防接種を受ける事ができるでしょう。
【生ワクチン】
生きた細菌やウィルスの毒を弱めたものを接種する事により、免疫をつけるもの 。次回の予防接種は4週間後
【不括化ワクチン】
細菌やウィルスの毒性をなくし、免疫をつけるのに必要な成分を作成したものを接種することにより免疫をつける もの。次回の予防接種は7日後

医師からのアドバイス

確実な予防接種の実施は、赤ちゃんの命を守ります。 適切な時期に、適切な予防接種を受け、そして次回の予防接種を確認する事を繰り返す。このように確実な予防接種スケジュールを立て、実施してください。
「Doctors Me」寄稿 医師監修コラム

コラム出典:こんなに多いの?赤ちゃんの予防接種は計画的に!
(by Mocosuku)