life

新米の季節なのにまだお米が残ってる!古米をおいしくする方法

Japanese rice KOME
ご飯好きにとっては待ちに待った新米の季節!早く味わいたいけれど、まだまだお米が残っているから買っていないという人もいらっしゃるかもしれませんね。もちろんおいしい古米だってあるのですが、残念ながらそうでないものもあります…。そんな残念な古米でもおいしく食べられる方法をいくつかご紹介します。

■古米をおいしく炊く方法

古米は新米と比べると、水分が抜けて粘りがなく、臭いが発生しています。基本的には

①よく研ぐ

②長い時間吸水させる

③多めの水で炊く

これで劣化をある程度カバーできます。他にも、調味料を炊く直前に少し加えることでおいしさが増すそうですよ。

『古米をよく研いで炊く前にサラダ油小さじ2分の1くらいを入れる。』

『炊く前に氷を入れると温度差でピンと立つようなご飯になる。』

『餅米まぜるのが粘りと風味の面では一番ましだと思う。』

『お酒を少し入れるのはどう?』

『にがり入れて炊くと美味しくなるよ!』

■むしろ古米で作りたいメニュー

水分が抜けていることを逆手に取って、米料理に活用する手もあります。チャーハンはパラパラに仕上がりますし、酢飯にすればよく酢がしみわたります。炊きこみご飯にするにもいい材料が揃う季節です。いっそこの機会に、試したことのない新たな米料理に挑戦してみるのもいいですね。

『お寿司屋さんでは古米と新米をわざと混ぜているそうですよ
その方が粘り気だけじゃなくて程よいシャリになるんですって。
ちらし寿司とか家で作る時に古米を混ぜて炊いてみては…どうでしょうか 』

『新米の時期に新米買うと、私はどうもカレーやピラフ、炒飯なんかには新米合わないと思うからそういう時用にわざと古米取っておくよ。』

『パエリアとかアジアン料理のような米料理はどうだろうか? 』

お役に立つ情報はありましたか?工夫次第でおいしく食べられる古米。ぜひいろいろ試してみてくださいね。

参考トピ (by ママスタジアム
古米をおいしく食べたい