campaign

『子連れ再婚』の場合に生じる、養育費の問題とは?

記事提供:Mocosuku

2015101918233-800x450.jpg

タレントでモデルの紗栄子さん(28)が、大手ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの社長、前沢友作さん(39)と交際していることが報じられています。前沢さんの資産は約2000億円といわれ、米経済誌フォーブスが発表した「日本の富豪トップ50」で23位にランクインしています。
紗栄子さんといえば、ダルビッシュ有投手との間にできた2人の子どもを育てるシングルマザー。離婚当時は、慰謝料や養育費の額を巡っていろいろな憶測が飛び交いましたが、実際は「慰謝料はなし、養育費は裁判所の指導に従った適正な価格」とのこと。もし、紗栄子さんのようなシングルマザーが再婚をした場合、前夫から支払われている養育費はどうなるのでしょうか。

現代は「再婚」も増えている

厚生労働省の人口動態統計調査によると、日本人の婚姻件数は66万613組、それに対して離婚件数は22万2000組(平成25年推計数)です。これが現在3組に1組が離婚、といわれる理由です。
その一方で、「夫妻とも再婚、またはどちらか一方が再婚」というカップルも17万3569組います。つまり婚姻するカップルの4組に1組は、少なくともどちらか一方が再婚者というわけです。
現代は、とかく離婚ばかりがクローズアップされますが、また新たな結婚生活に踏み出す人も相当数いることがわかります。このなかには、もちろん子連れ再婚のケースも含まれています。子どもがいる場合の離婚も同様ですが、子連れでの再婚には、養育費というお金の問題が絡んできます。詳しくみてみましょう。

養育費はいつまで支払うの?

夫婦は離婚をしても、それぞれ子どもの扶養義務を負っています。親権者であってもなくても、子どもに対しては、親の生活水準(収入等)に見合う生活をさせる義務があるため、親権者でない夫(妻の場合もあり)に収入や財産があれば、離婚後に養育費を支払わせることができます(話し合いによって円満に取り決めができない場合は裁判によって決まる)。
養育費の支払いは、「子どもが成人に達する日の属する月まで」と定められることが一般的ですが、場合によっては子どもが大学卒業まで等、成人を過ぎても支払うように定められることもあります。

親権者(妻側)が再婚した場合、前夫の養育費は?

親権を持っている妻が再婚をしたら、前夫は養育費をもう支払わなくていいのでは?と思ってしまいますが、親権者がただ再婚しただけではそうはなりません。
親権者が再婚し、再婚相手の戸籍に入っても、子どもの戸籍はそのままで、基本的には姓が変わることもありません。もちろん何もしなければ再婚相手の男性と子どもとの関係は他人であり、法律的な親子関係が発生するわけではないので、子どもの扶養義務も発生しません。
再婚相手と子どもが法律的な親子関係を作るには、養子縁組が必要です。そうすれば子どもは、親権者(母親)と再婚相手と同じ戸籍に入ることができ、法律的な親子関係が発生するので、再婚相手に子どもの扶養義務が発生します。
しかしここで前夫は養育費の支払い義務がなくなる、というわけではありません。たとえ母親が再婚しても、前夫が子どもの父親であることには変わりないからです。
そうすると、養親である再婚相手と、実の父親である前夫が、それぞれ子どもの扶養義務を負うことになります。もっとも、養親の扶養義務の方が優先すると考えられているので、養親である再婚相手が十分な経済力を有しており、養子を十分に扶養している、というような場合は、前夫の養育費が免除、もしくは減額される、ということはよくあります。もちろんそのまま前夫の支払いが続くこともあります。

夫が再婚した場合、養育費の支払いは?

夫が再婚した場合、夫はその再婚相手と、その女性との間に生まれた子どもに対して扶養義務を負うことになります。さらに夫は、前妻との子どもに対する扶養義務も引き続き負っています。このように、複数の人に対して扶養義務を負う場合には、同居人に対する扶養義務が優先されると考えられているので、夫は再婚相手とその子どもを扶養しなければなりません。
このような場合は、養育費を支払っている父親の生活状況に変化が生じたといえるので、母親との間で協議等を行い、養育費額の変更(減額)を求めることが可能です。
このように、子連れでの再婚には、法律的な問題もいろいろと関わってくることになり大変な面はありますが、何よりもまず大切なことは、再婚相手との信頼関係、子どもと再婚相手との良好な関係構築といえるでしょう。
監修:戸門大祐(弁護士、戸門法律事務所)

コラム出典:『子連れ再婚』の場合に生じる、養育費の問題とは?
(by Mocosuku)