entertainment

乳幼児でもOK?子連れでUSJを楽しむためのポイント

b8c5480b476b09daa12c6d648857b131_m

関西に来たら必ず行っておきたいテーマパーク、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)。大人向けのイメージがあったのは昔の話、今は家族連れこそが楽しめるアトラクションが次々にオープンしています。アトラクションだけではなく授乳室や育児グッズの販売などサービスも充実しており、小さい子を連れていてもそれほど心配はないのだとか。

“世界一の旅行先” USJを家族で楽しむ為のポイントを簡単にご紹介します。

■小さい子でも楽しめる乗り物って?

なんといっても「ユニバーサル・ワンダーランド」は押さえておきたいところ。エルモと一緒にスケートボードに乗って斜面を爽快に駆け抜ける「エルモのゴーゴー・スケートボード」を始めとしてアクティブに楽しめるエリアや屋内施設も多彩なセサミストリート・ファンワールド。キュートなアトラクションがたまらない「ハローキティ・ファッション・アベニュー」。冒険心がくすぐられる「スヌーピー・スタジオ」は親子でももちろん楽しめます。
他のエリアでも「アニメ・セレブレーション」「シュレック 4-D アドベンチャー」など子どもでも十分に満足できるショーがあります。


ちなみに身長制限別に見るアトラクションの数は、

・ 92cmからOK … 6個

・102cmからOK … 3個

・107cmからOK … 1個

・122cmからOK … 4個

・132cmからOK … 2個

・制限なし …11個

となっています。結構利用できますね。 アトラクションによって親が同伴する必要があったり、火や爆音を使用していて子どもによっては怖いもの、悪天候で中止になる場合もあるので、利用前に念のためご確認くださいね。

■待ち時間でぐずるのは嫌!な人に

待ち時間で子どもがぐずり出すのが最も心配という方もいらっしゃるでしょう。USJでは待ち時間を短縮する為のシステムが色々と用意されています。これらを組み合わせて効率よくエリアを回ることができますよ。

Fumi Kitaokaさん(@fumi.k7727)が投稿した写真

よやくのり
2015年春に誕生した「モッピーのバルーン・トリップ」を含む5つのアトラクションで、利用時間を指定できる「よやくのり」が可能です。エクスプレスパスとは違い無料のサービスです。

チャイルドスイッチ
ライド系のアトラクションなどに設置されている待ち時間一回で交代で乗ることができるサービス。子どもが利用できないアトラクションでも、誰かが子どもの世話で残る間に他の人が利用し、その後交代ですぐに利用できる仕組みです。

シングルライダー
1人で乗る方式。例えば4人乗りの乗り物に3人乗ると1人分の空席ができるので、ここに乗ることができます。子どもがカフェで休憩しているうちに、パパはお守り、ママは乗りに行って早めに戻る、なんてことも可能。

エクスプレスパス
エクスプレスパス専用の入り口を利用できるサービス。並ぶ時間を圧倒的に短縮できます。有料ですが、時間短縮を重視するなら外せません。

■3歳以下は無料

3歳以下のお子様はスタジオパスが不要。USJで使うお金だけではなく交通費や宿泊費のことも考えると抜群にコストパフォーマンスが良いので、3歳までにデビューするのがオススメです。

■気になる各種施設

ベビーカーの貸し出しや、ファミリータイプの広いレストルーム、離乳食を用意するための電子レンジやお湯の利用、おむつの販売など、充実しています。混み合うこともありますが、これだけ揃っていれば子連れにも優しいですね。

■おわりに

以上簡単にご紹介しました。意外と子連れでも楽しめること、少しはお伝えできたでしょうか?USJは気になっていたけれど行くのに躊躇していた方、ぜひ次回の旅行先候補に加えてみてくださいね。

公式ホームページはこちら
https://www.usj.co.jp/

※情報は2015年10月のものです