birth

テニスボールを使ってもいい?いきみ逃しの正しい方法

記事提供:イクシル

ikp0033_00003_LL
テニスボールを使ってもいい?いきみ逃しの正しい方法
■いきみ逃しはなぜ必要?

陣痛がすすむにつれて、自然に「いきみたい!」という衝動にかられます。これは赤ちゃんの頭が下りて来て、尾骨近くにある神経を刺激するからです。

しかし子宮口が全開になる前や、子宮口が柔らかくなる前にいきんでしまうことはNGです。いきむことで体に力が入って子宮口が開きにくくなってしまいます。またいきむのが早すぎるとまだ開ききっていない子宮口から無理やり赤ちゃんを押し出そうとする形になり裂傷が起きたり、赤ちゃんが必要な酸素を取り込めず窒息状態になる危険性があります。それを防ぐのが「いきみ逃し」です。いきんでも良い状態になるまで呼吸法や体の力を抜くなどして、いきみを我慢します。

■いきみ逃しの方法とは

いきみ逃しの方法は様々ですが、ママがリラックスすることが何よりも大切です。まずは一番楽な姿勢をとりましょう。とくに決まりはありません。椅子にまたがって座り背もたれに身体をあずけたり、横向きに寝たり色々と工夫してみましょう。大きなクッションを使うのも効果的です。
呼吸法で体をリラックスさせるのも方法のひとつ。ママの筋肉をほぐすだけでなく、赤ちゃんにもしっかり酸素が行き届きます。
人によってはお気に入りの音楽を聴く、暖かい飲み物を飲む、お風呂に入るなども効果的です。日頃リラックスする時に利用している方法がよいでしょう。

抱き枕などを力強くつかむ、腰のマッサージをしてもらうなど、体を使っていきみを逃す方法もあります。マッサージの場合は、強く押してほしい場合もあれば、触られるのもつらい場合があるので、妊婦さんに合わせた方法をとりましょう。
また、肛門付近を圧迫すると楽になることも多いようです。パパのこぶしなどを肛門付近にあてて押し返したり、正座やあぐらをかき、自分のかかとで肛門を押したりするという方法もあります。

どの方法でも、妊婦さんがリラックスすることが一番重要です。リラックスすることで筋肉が柔らかくなり、子宮口が開きます。

■テニスボールが効くって本当?

いきみ逃しにテニスボールを使う場合もあります。テニスボールを肛門に押し当てたり、肛門にあたるようにして座ったりすることで、肛門付近を圧迫して楽になる場合があるようです。ただし、テニスボールを使ったからといって、必ずしも陣痛が楽になるという根拠はありません。
また産院によっては、テニスボールをあまり推奨しない場合もあります。しかしいきみ逃しには、妊婦さんがリラックスするのが一番効果的です。テニスボールを使いたい場合は、医師や助産師に事前に相談しましょう。また、テニスボールは、必ず消毒した清潔なものを使用しましょう。

陣痛や出産に不安を感じることも多いと思いますが、緊張して体に力が入るとなかなかお産が進まないことがあります。医師や助産師に相談することで不安を事前に取り除き、楽な気持ちで出産に臨みましょう。

<関連リンク>
子どもの悪性リンパ腫ってどういう病気?症状や治療法について
子どもが歯ぎしり!これって正常?異常?
子どもに起こりやすい腹痛とは?主な原因と対処法について

コラム出典:テニスボールを使ってもいい?いきみ逃しの正しい方法
(by イクシル)