pregnancy

妊娠中のコーヒーはNG?カフェインに注意すべき理由と摂取量の目安

記事提供:イクシル

ikp0034_00003_LL
妊娠中のコーヒーはNG?カフェインに注意すべき理由と摂取量の目安

そもそも珈琲は、悪い飲み物ではありません。
珈琲に入っているカフェインは、精神機能に働いて眠気を抑え、疲労回復や運動機能を高めたりします。また、よく知られるところでは腎臓の血管を拡張させて血流量を増やし、利尿効果を高めてくれます。
では、どうしてそんなカフェインを妊婦さんは控えなくてはいけないのでしょうか。

■妊娠中のカフェイン摂取が推奨されない理由

妊婦さんは、妊娠後期になるほど代謝がゆっくりになってくるため、カフェインを分解して排泄するまでに時間がかかります。
そのため、体内にカフェインが長い間蓄積されやすく、蓄積されたカフェインは容易に胎盤を通過して赤ちゃんにまで届きます。
赤ちゃんは、肝臓機能が未熟なため、カフェインを排泄する力がありません。
すると、カフェインは赤ちゃんの血液中で高濃度に蓄積され、赤ちゃんの脳を刺激して落ち着きがなくなるなどの影響を及ぼすと考えられます。またカフェインはお母さんと赤ちゃんをつなぐ胎盤の血流を低下させるため、赤ちゃんに必要な酸素や栄養が行き渡らなくなってしまいます。実際に妊娠初期からカフェインを摂取し続けたお母さんから生まれてきた赤ちゃんが低体重であったり、さらには流産、死産のリスクが高まるという調査報告がいくつも出ています。
また、珈琲に合わせて喫煙の習慣がある妊婦さんは、このリスクが更に上回るので十分に注意しなくてはいけません。
現代の医学ではカフェインと妊娠の関係についてまだまだはっきりした根拠のある結論はないのですが、念のために注意した方が良いでしょう。

■摂取量を制限する

では、やはり妊娠中は全く珈琲を飲んではいけないのでしょうか。
いえ、けしてそんなことはありません。
これらは、あくまでも大量に摂取した場合に限ります。
1日に飲む量を制限することで、リスクはかなりなくなります。
では、具体的にはどのくらいなら良いのでしょうか。

■飲料に含まれるカフェイン量と、1日に飲める杯数

下の表をご覧ください。
私たちが普段飲むドリンクのカフェインの含有量です。
●コーヒー・・・100~150mg/杯
●インスタントコーヒー・・・90mg/杯
●紅茶・・・75mg/杯
●インスタント紅茶・・・30mg/杯
●コーラ・・・40~60mg/瓶
●ココア・・・10~20mg/杯
●煎茶、ウーロン茶・・・40~50mg/杯
●麦茶・・・0mg

たしかに、珈琲にはカフェインが多く含まれています。
WHO(世界保健機構)によると、1日のカフェイン摂取量は300mgまでとしています。
しかし、北欧諸国や米国では200mgを推奨しています。
これらをコーヒーカップで換算すると、1日におよそ1~2杯程度ということになります。
1日150mg未満の妊婦さんに較べて、300mg以上摂取する妊婦さんは流産のリスクが2倍になるという報告もあります。
さらに珈琲を1日8杯以上飲む妊婦さんは、死産のリスクを高めるという結果が出ています。
ですが最近では珈琲を1日一杯飲む人は、飲まない人に比べて肝臓がんの死亡リスクが約半分になったり、アレルギーやコレステロール値を下げたりなどといった効果も期待できるとの報告もあります。

また、珈琲の香りには大きな効能があります。
珈琲の香りを嗅ぐと、リラックスした時に出る脳波であるα波が出る場合があることがわかっています。
リラックスを促し、ストレス解消に良い効果が期待出来ます。
さらに同時に、認知や情報処理などの頭の回転への活性作用があることがわかっています。

このように珈琲には妊婦さんにとって、いい面と悪い面があります。
しかし摂取量さえ間違えなければ、影響を及ぼすことはありません。
また最近はカフェインレスの珈琲も出てきました。
夜のまったりとした時間に、ご主人と珈琲を楽しむことも可能です。
偏った情報だけに、惑わされることなく、ストレスをためない程度の珈琲を飲むことでマタニティライフを楽しまれてはいかがでしょうか。

<関連リンク>
妊娠初期の腹筋運動はNG? 身体に負担をかけずに鍛える方法
子どもの悪性リンパ腫ってどういう病気?症状や治療法について
子どもに起こりやすい腹痛とは?主な原因と対処法について

コラム出典:妊娠中のコーヒーはNG?カフェインに注意すべき理由と摂取量の目安
(by イクシル)