life

【ストレスが消える!点圧セラピー】第十六回:集中力・やる気がでる

精神的、肉体的に疲れやだるさを感じている時は、なかなか集中できないもの。調子が良い時には気にならない雑音や他人の言動も邪魔に思えて、集中できなくなります。仕事の能率も落ち、ミスも増えるでしょう。集中力とやる気をアップさせるには、一度作業を中断し、心身の疲れを十分に取ること。点圧も効果てきめんですが、まず睡眠を十分に取りましょう。睡眠は脳内エネルギーの活動の基礎です。

集中力ややる気の欠如に関する意識からのアドバイスは「目標の設定ミス」。大きな目標を立てすぎて、達成できずにイラ立っている可能性が。まずは達成可能な小さな目標を立てるのが効果的です。また、心配性で最初から悪い結果を予想しているがためにやる気が出なくなっていることも。心配性とは見方を変えれば、感受性の豊かさ。ポジティブに捉えて、再チャレンジをしてみるのもよいかもしれません。

効果的な「3つのツボ」の組み合わせを、順番に5秒ずつ押してみましょう!

1.四神聡(ししんそう)
頭のエネルギーが集結する四神聡。強めに押してよい。集中力を邪魔していたネガティブなエネルギーを取り、本来の力を。
2. 曲池(きょくち)
曲池の点圧で肉体的な疲れとだるさを取る。内臓の働きと新陳代謝を良くし、全身に滞りなくエネルギーが巡る。
3.足三里(あしさんり)
やる気チャージの仕上げ、足三里。肉体疲労を取り、内臓の働きと代謝を活性。失われていたエネルギーが戻ってくる。

*この他に、脳内にフレッシュな血液を送る風池(ふうち)、生命力が湧く勇泉(ゆうせん)も集中力、やる気アップに有効なツボです。合わせて押してみてください。

監修・山本法乗
東洋医学心療カウンセラー、東洋医学心身治療家。鍼灸師、マッサージ師、指圧師。
吉祥治療院院長、病院のリハビリテーション主任を経て、1995年、心と身体の治療院「健康コラゾン」を開院。
その治療法は「治らなければ意味がない!」との信念のもと、鍼灸、整体、理学治療のほかに人間が本来持っている自己回復力の開発をベースにした触れただけで痛みやコリをとる点圧セラピー法を行なっている。
2005年より「意識を意識する」「意識と個別の病気との関係」を基本テーマとしたユニークな参加型セミナーや講演活動を行っている。
http://ameblo.jp/yamamoto-houjyou/

関連記事

第一回:イライラを消す(血行不良)
第二回:ヤケ食いをとめる(食欲のコントロール)
第三回:便秘(お腹の痛みを消す)
第四回:生理前のイライラ
第五回:グッタリ(慢性疲労)
第六回:眠気をさます
第七回:口臭を消す
第八回:首・肩のコリ
第九回:偏頭痛
第十回:目の疲れ・痛み
第十一回:腰の張り・痛み
第十二回:生理痛のお腹の痛み
第十三回:鼻づまり
第十四回:アンチエイジング
第十五回:毒だし(デトックス)
第十六回:集中力・やる気がでる