life

【ストレスが消える!点圧セラピー】第十四回:アンチエイジング

女性にとり永遠の課題といえば「アンチエイジング」。高齢化社会を迎え、美しく健康に年を重ねることは、女性のみならず、誰もが持つ願いでもあります。アンチエイジングといえばまず美容のイメージが浮かぶと思いますが、美しさは体の内面から。外見だけ装ってみても、体力が戻っていなければ何にもなりません。本来の若返りは、体内の細胞の働きを活性化させ、新陳代謝と抵抗力を高めることにあります。

老化は、体から水分が減ることになって起こります。ですから質の良い水を摂取することがアンチエイジングの基本。足りない栄養素をサプリメントで補給している人も多いですが、質の良い水で摂取しなければ効果はあまり期待できません。細胞を活性化させる酵素は水のある場所で働くので、酵素を働かせる質の良い水を選びましょう。

効果的な「3つのツボ」の組み合わせを、順番に5秒ずつ押してみましょう!

1.アゴ下~鎖骨
顔のむくみの原因となる老廃物と余分な水分を一気にアゴ下から鎖骨下に流す。十字棒は使わず、手で行う。
2. 関元(かんげん)
おへその下、指3本分の所。生命エネルギーの出入り口、関元。しびれや圧迫感が膀胱や陰部まで伝わるように。
3. 解けい(かいけい)
足の甲からすねに通っている2本の筋の間。点圧時、しびれと押さえられる感じが伝わるように。腰まで伝わってもOK。

監修・山本法乗
東洋医学心療カウンセラー、東洋医学心身治療家。鍼灸師、マッサージ師、指圧師。
吉祥治療院院長、病院のリハビリテーション主任を経て、1995年、心と身体の治療院「健康コラゾン」を開院。
その治療法は「治らなければ意味がない!」との信念のもと、鍼灸、整体、理学治療のほかに人間が本来持っている自己回復力の開発をベースにした触れただけで痛みやコリをとる点圧セラピー法を行なっている。
2005年より「意識を意識する」「意識と個別の病気との関係」を基本テーマとしたユニークな参加型セミナーや講演活動を行っている。
http://ameblo.jp/yamamoto-houjyou/

関連記事

第一回:イライラを消す(血行不良)
第二回:ヤケ食いをとめる(食欲のコントロール)
第三回:便秘(お腹の痛みを消す)
第四回:生理前のイライラ
第五回:グッタリ(慢性疲労)
第六回:眠気をさます
第七回:口臭を消す
第八回:首・肩のコリ
第九回:偏頭痛
第十回:目の疲れ・痛み
第十一回:腰の張り・痛み
第十二回:生理痛のお腹の痛み
第十三回:鼻づまり
第十四回:アンチエイジング
第十五回:毒だし(デトックス)
第十六回:集中力・やる気がでる