life

【ストレスが消える!点圧セラピー】第五回:グッタリ(慢性疲労)

働き過ぎれば誰でもグッタリします。疲労感は「休息しなさい」との体のサイン。
ただ何日か休んでも疲れが取れない、常に体がだるい、慢性疲労の状態は、栄養状態や胃腸の働きが低下している可能性があります。慢性的な疲労感が胃腸機能の低下と関係があるというのは意外に感じるかもしれませんね。疲れやすい他に、冷えや過労、ストレスを感じるとお腹を壊しやすい、朝なかなか起きられない場合は、胃腸機能に原因があると考えていいでしょう。疲れやすさの原因が栄養状態に起因するものである場合は、全身のエネルギーが低下しています。

慢性疲労に関する意識からのアドバイスは「体全体のエネルギーが不足」。あなたは現在、疲れのために目標を見失っているのでは?人間が生きていくためには目標が必要。目標達成から得られる幸福感や充実感が、生きるエネルギーをもたらしてくれます。小さなものでもいいから、過去に味わった幸福感や達成感を思い出して。そして新たな目標設定を。

慢性疲労に効果がある3点押しをご紹介します。足三里は胃腸を活性化、湧泉は生命エネルギーが湧くツボ、曲池は神経と血液の流れを調整します。

効果的な「3つのツボ」の組み合わせを、順番に5秒ずつ押してみましょう!

1.曲池(きょくち)
肘の内側に出来る横ジワの親指側の末端。しびれ、押さえられている感じがすれば、うまく押されている。
2.足三里(あしさんり)
膝下の出っぱった骨(すねの上)から外側に指1本分のところ。しびれ、押されられる感じがすればよし。
3.湧泉(ゆうせん)
足の5本指を曲げた時、裏側にできるくぼみ。「人」の字のしわができるので、そこを押す。しびれ、痛み、圧迫感を感じればOK。

監修・山本法乗
東洋医学心療カウンセラー、東洋医学心身治療家。鍼灸師、マッサージ師、指圧師。
吉祥治療院院長、病院のリハビリテーション主任を経て、1995年、心と身体の治療院「健康コラゾン」を開院。
その治療法は「治らなければ意味がない!」との信念のもと、鍼灸、整体、理学治療のほかに人間が本来持っている自己回復力の開発をベースにした触れただけで痛みやコリをとる点圧セラピー法を

行なっている。
2005年より「意識を意識する」「意識と個別の病気との関係」を基本テーマとしたユニークな参加型セミナーや講演活動を行っている。
http://ameblo.jp/yamamoto-houjyou/

関連記事

第一回:イライラを消す(血行不良)
第二回:ヤケ食いをとめる(食欲のコントロール)
第三回:便秘(お腹の痛みを消す)
第四回:生理前のイライラ
第五回:グッタリ(慢性疲労)
第六回:眠気をさます
第七回:口臭を消す
第八回:首・肩のコリ
第九回:偏頭痛
第十回:目の疲れ・痛み
第十一回:腰の張り・痛み
第十二回:生理痛のお腹の痛み
第十三回:鼻づまり
第十四回:アンチエイジング
第十五回:毒だし(デトックス)
第十六回:集中力・やる気がでる