entertainment

ディズニーミラクル?激安でベビーズスイートに宿泊した話

0eb2678699d50143d1f368b9c8b84f14_m

ディズニーランドやシーへ行くとき、日帰りにするか宿泊にするかは悩ましいところ。
閉園が22時頃なので、関東圏なら帰れない時間ではありませんが、遊び疲れているのでホテルに向かう人がうらやましくなる時も・・・。

■ディズニーエリア周辺にはホテルがたくさんある

ディズニーといえばディズニーシー・ホテルミラコスタ東京ディズニーランドホテルなどステキなホテルがたくさんあります。
でも、オフィシャルホテルはお値段もステキです。少しディズニーから離れたホテルになると、お値段も手頃になり宿泊しやすくなります。多くのホテルがディズニーリゾート内のバスターミナルからバスを出しているので、アクセスも便利です。

■実は安い!ディズニー周辺のホテル

ディズニー周辺にあるホテルは、学生向けになっているところも多くあります。一つの部屋に2段ベッドが4台あり8人が宿泊できるようになった大部屋もあります。実際に筆者も宿泊したことがありますが、遊び疲れて寝るだけなので十分でした。さらに1人3000円前後(シーズンやホテルによって異なります)で宿泊できます。

■前日の直前割を利用して激安で予約したオリエンタルホテル東京ベイ

筆者はとある日にディズニーシーへ家族で遊びに行きました。せっかくだから閉園の22時まで遊びたいけど幼い息子連れだったので、ホテルに1泊して翌日帰ることにしました。しかし、高いホテルに泊まるのはもったいないかなと『ネットの宿泊サイトで直前割』から底値で予約をしました。直前割とは…前日頃になっても予約が入らず空き部屋となっている部屋を、通常の半額以下などの激安で販売しているものです。必ずあるものではありませんし、部屋が選べなかったりなどもありますが、うまく条件に合えばかなりお得に宿泊することができます。値段はシーズンやホテルによってかなり差があります。このときは大人1人3500円ほどでオリエンタルホテル東京ベイが予約できました。通常の相場から見れば、半額よりもかなり安い値段でした。

■ディズニーの魔法?案内された部屋はなんと”ベビーズスイート”

たくさん遊んでホテルへ行くと『本日はベビーズスイートをご用意しております』と案内されました。「え?いえいえ違います。そんな特別なお部屋は予約していません。もっと安い部屋です」と思わず言ってしまいましたが、お部屋の説明をされ料金は予約時のままでどうぞとのことだったのでありがたく宿泊させていただくことにしました。こんなステキなお部屋に案内されると思っていなかったので、かなりビックリしました。

■ステキ☆ベビーズスイートはまた泊まりたい魅力的なお部屋

minoriさん(@minnori)が投稿した写真

専用フロアにあるベビーズスイートはベビー連れのためのお部屋です。0~3歳を対象としています。広いお部屋には段差が少なく、置いてある家具もいたずら防止になったものや柔らかいものなど、ベビーがいても安心して宿泊できるようになっています。大きなローベッドは家族みんなで寝ることができる広さで、息子はディズニーシーで遊んだ疲れも見せず転がって遊んでいました。室内にはオムツ用ゴミ箱や電子レンジもあり、ベビー用パジャマや爪切りなどを借りることもできました。さらにマッサージ機までありパパも大喜びでした。疲れているはずが、ステキなベビーズスイートを楽しませていただきました。
さらにベビーズスイートに宿泊すると、ドリンクバーのある専用のママサロンを使うことができます。翌朝もチェックアウトまでゆっくりと過ごすことができました。

■やっぱりまた泊まりたいベビーズスイート

通常は素泊まりでも大人1人10000~20000円(シーズンによって異なる)ほどはするお部屋です。直前割の激安で宿泊できたのは、まさしくディズニーミラクルでした。本当にまたあるかわからないラッキーな経験でしたが、こんなステキなお部屋に泊まったら・・・やっぱりまた泊まりたくなってしまいました。
今回は利用していませんが、ベビーズスイートに宿泊するとベビーカーのレンタルや体験イベント、託児などベビー連れにうれしいサービスを利用することができます。
楽しいディズニーへのお出かけ、いつもは日帰りの方もたまには宿泊してみてはいかがでしょうか?もしかするとステキなお部屋が待っているかもしれません。
オリエンタルホテル東京ベイのベビーズスイートについてはオフィシャルホームページをご覧下さい。

参考:http://www.oriental-hotel.co.jp/babys/babys/

※こちらは筆者の体験によるものであるとこをご理解のうえ、ご覧下さい。

ライター・後藤