talentcolumn

【コラム:SHEILA VIVA MAMA!!】第3回 私のベビ金(菌)パワー強いみたい(笑)

she_3_pic01

ー2人目が欲しいと思ったきっかけは?

1人目の子を産んだのが39歳の時で、「この子が20歳になる時、私は60歳なんだ」って、ふと考えた時に、「この子に、兄弟を作ってあげなくちゃ!」と思ったんですよね。
60歳はまだまだ現役だけど、もしかしたら何かあって生きてないかもしれない!なんてことまで考えちゃって(笑)

そう思った時に、「それだったら早めに産もう!42歳くらいまでには産みたい」と思ったのがきっかけかな。

 
ー前回のインタビューで、つわりがひどかったとお聞きしましたが、つわりのトラウマはなかったですか?

1人目を出産した後はつわりの恐怖が忘れられなくて、2人目を産もうと決めてからもその恐怖と戦っていたんだけど、東尾理子ちゃんが出産をしてお見舞いに行った時、久しぶりに新生児を見たら「かわいい~!もう一人産みたい!」って心から思ったの!
新生児パワーがつわりの恐怖を忘れさせてくれたんです。すごいよね。赤ちゃんの持つパワーって!

 
ー現在40歳で第2子妊娠中ということは、お2人目を望んですぐの妊娠だったんですね!

そうなの。私、1人目の時も心をOPENにした翌月に妊娠したんだけど、今回は、「2人目産みたーい!」と思ったその月に妊娠したから、もっとびっくりしました。

年明けに旦那さんと、今年中に2人目が出来たらいいねって話してたら、すぐに妊娠したので、さすがに旦那さんも驚いてましたね。感謝の気持ちでいっぱいです。

she_3_pic02

 
ーSHEILAさんのブログでは、「ベビ金(菌)パワー」がいつも話題になっていますね。
SHEILAさんが第1子妊娠中に撮影した富士山の画像を、待ち受けにして妊娠できた!という方からのメッセージがたくさん来ていますが、そのお話を聞くと、本当にすごくパワーがありそうですね!

「赤ちゃんができました」というメッセージをもらうと、すごく嬉しい気持ちになるの。
だから、時間があるときは連絡をもらった方のお名前を紹介させてもらってます。

私のベビ金(菌)パワー強いみたい!!
「SHEILAちゃんのベビ金パワーで待ちに待ったベビーがやってきました!」というメッセージをいただくと、本当にうれしくてハッピーな気持ちになります。
この場を借りて、私の方こそありがとう!とお礼が言いたいです。

 
ーこのコラムを読む方の中にも、2人目を望んでいる方がいると思うので、ベビ金パワーをいただけますか?

もちろん!
1人目の妊娠中に撮影した臨月の私です。

she_3_pic03

この画像も私のブログで何度も紹介しているんだけど、ベビ待ちの方は待ち受けにしてくれてる方もいるみたい。
ママスタのユーザーさんの中でベビ待ちの方に、私のベビ金が届きますように♪

 
ー妊娠するまでバリバリと仕事もこなしてきたSHEILAさん。働く女性にとって、仕事と出産のタイミングは難しいテーマだと思います。ご自身の経験から、アドバイスはありますか?

私のブログにも「築きあげたキャリアと出産のタイミングに悩んでいる」という相談がたくさん来るんだけど、私もそうだったからとても気持ちはわかります。

でも、産んでみないとわからなかったことがたくさんあるから、あまり考えすぎなくて良いと思うの。

「キャリアがダメになっちゃう」とか「仕事復帰するには…」とかネガティブな想像をしがちだけど、産んでみたら「こういう働き方もある」とか「その経験を活かせる!」と言った感じで、産んでみて見えてくるものってたくさんあると思う。

それに、本当にやりたかったら、いくらでも方法はあると思うの!

私も出産後は前のような働き方をしなくなったけど、そこにストレスは全くないし、今できることを精一杯頑張ろう!と思って、いただいてるお仕事を1つ1つ全力でやることにしています。

 
ーSHEILAさんのポジティブパワーの源はなんですか?

源というよりも、ネガティブなことはあまり考えないようにしているよ。
もちろん落ち込むこともあるけど、切り替えを大事にしてるの!

考えても仕方のないことってたくさんあると思うし、特に妊娠中はマイナスなことを考えたり、聞いたりしないようにしています。

妊娠中って、そういうことがとても大事だと思うし、相手にとっては悪気がない一言でも、ちょっとしたネガティブワードが気になって、それで悩んだりするのは嫌だなぁと思うから。

マイナスはマイナスを呼ぶから、物事はプラスにポジティブに考える!
これは、意識していることですね。

 

次回もお楽しみに♪。
(取材・文:上原かほり 撮影:chiai)

参考トピ (by ママスタジアム
第3回 私のベビ金(菌)パワー強いみたい(笑)