life

今からでも遅くない、結婚相手の親とうまくやっていく秘訣は?

cb22415a624c1d9375c90bd5b8d5ae07_m

嫁と姑の問題ははるか昔から続く永遠のテーマですが、お互いの歩み寄りなくしては解決しません。年配の義母に変化を求めるのは難しいので、まずは義母の気持ちを理解してあげることから始めましょう。嫁の方が変わる努力をするほうが上手くいきます。その時気を付けたいのは夫の悪口を姑には言わないこと。これは鉄則です。

一方、嫁と舅の問題はセクハラも絡んでくるので少々複雑です。息子の嫁とはいえ女性は女性ですから、嫁と舅の距離は近づきすぎない方がいいでしょう。姑・舅問題は、妻が抱える問題ですが、夫の存在がポイントになります。夫が両者をうまく取り持ちコントロールすることが、家庭を円満にする鍵になります。

侮れないのは、夫と、妻の親との問題です。最近は親離れできない実家依存型の妻が増えています。妻と親が仲良すぎる、元々結婚に反対だった、などの摩擦やトラブルは、夫の親がらみの問題よりも解決しにくい場合があります。「親の子離れ」ができないケースは、親の方に、子どもを取られたという意識があるのです。このような子離れしていない親には、子どもの方からきちんと理解させることが大切です。自分が親の役に立つ、自分たちが親の面倒をみる、という形で対応するのがいいでしょう。

次に配偶者が親離れしていない場合です。この場合、あまりきつく言ってしまうと却って優しくしてくれる親の方へいってしまい、いつになっても親離れできません。そんな時には、自分も相手の親に懐き、可愛がられるように振舞うと、意外とうまくいきます。

嫁・姑・マザコン・ファザコン、親を巡る問題は多々あれど、これらは夫婦どちらかに非があるわけではありません。なので、第三者である親の問題で離婚するのは賛成できません。ここで「親は第三者じゃない」と思った人は要注意。この先、親の問題が夫婦間で大きく広がってしまう危険性があります。結婚は、夫婦2人のものなのです。
縁があって出会い、愛し合って結婚した2人です。まずはお互いの気持ちを再認識し、その上で親に関わる問題を素直に話し合いましょう。相手の話をきちんと聞いて、言うべきことは言い、助言にも素直に耳を傾け、あとは相手を信じてあげること。そうすれば親にまつわる問題はきっと解決できると思います。