campaign

入籍する・しないで違いはあるの?事実婚のお金のアレコレ

記事提供:@niftyわたしのマネー術

20150924_column_imasia_5932631_M292.jpg

◆社会保障の権利はあるけれど、独身とも既婚とも違うところがある?

形式にとらわれることなく、あえて婚姻届を出さない結婚の形の事実婚。一般的な結婚である法律婚に比較するとまだまだ件数は少ないものの、事実婚を選択するカップルも増えています。社会的な認知が進むにつれて、一部の法律でも一般的な結婚(以降、法律婚)同様な権利や義務がおかれています。

そのひとつが健康保険、厚生年金などの社会保障制度。戸籍上の婚姻関係にはない夫婦でも事実婚の関係にあれば、社会保険制度上は「配偶者」とみなされます。つまり、どちらか一方の年収が130万円未満かつ扶養者(被保険者)の収入の半分未満(同居の場合)などの条件を満たせば、もう一方の配偶者の健康保険の扶養に入れますし、厚生年金の被扶養者(国民年金の第3号被保険者)になる資格もあるのです。
万が一、離婚した場合の年金分割だって、法律婚と同じく要件を満たせばOKです。

婚姻の意思がない同棲とは異なり、配偶者同様の権利があるのは事実婚の特権と言えるかもしれません。とはいえ、戸籍上で婚姻関係を把握することができない事実婚では、扶養に入るためのステップが法律婚よりも多くなってしまいます。まずは事実婚関係を証明し、認定を受けることから始まります。事実婚関係の認定がおりれば、その次が生計維持関係等の認定です。

事実婚関係の認定要件は2つ。「当事者間に、社会通念上、夫婦の共同生活と認められる事実関係を成立させようとする合意があること」および「当事者間に、社会通念上、夫婦の共同生活と認められる事実関係が存在すること」。

役所に婚姻届を出さない事実婚ですが、当事者の合意を第三者に認めてもらうためにはやはり何らかの公的証明が必要になりそう。夫婦間では住民票。夫(未届)、妻(未届)として住民票を届け出ましょう。また事実婚の夫婦の間にできた子供が父親の健康保険の扶養に入る場合は、父親の認知届が必要となるのです。

コラム出典:入籍する・しないで違いはあるの?事実婚のお金のアレコレ
(by @niftyわたしのマネー術)