life

子どもの為に車の運転をする皆さんへ…初心者ドライバーあるある

Fotolia_66319618_Subscription_Monthly_M

子どもが産まれるまであまり車を運転しなかった、あるいは夫に任せていたという方、都会では特に多いのではないでしょうか?赤ちゃんが産まれたり、習い事や保育園/幼稚園の送り迎えが必要になったことを機に、ペーパードライバーから脱却するママさんもいますよね。そんなママさん達を応援すべく、初心者ドライバーあるあるをお送りします。

■全ての動作がぎこちない

基本的に道の一番左を走行、追越車線になんか行きません。なので右折が怖くて常に左折、でも歩道に警察がいたら必要以上にびっくり。救急車のサイレンにもびっくり。もうみんな先に行って~と思ってしまうけど大丈夫、結果的に慎重に運転できています。

『右折が怖くて遠回りでも常に左折』

『十字路で自分が優先車線でそのまま行っていいのに、わざわざ一時停止。なんなら道も譲っちゃう。』

『必要以上に左寄り。警官見るとびびる。車間距離を、限界に挑戦と、物凄くべたづけする。ハイビームのまま走り、対向車の目をやっつける。』

『ありがとうの手をあげる動きがぎこちない 』

『勇気を出してありがとうのクラクションをプッと鳴らすつもりが長押しになってしまう 』

■だからそれじゃないんだってば

操作ボタンの位置や機能を覚えるのに一苦労。雨も降っていないのにワイパーが動いたときには車内から総ツッコミを受けるかも。間違えると余計に慌ててしまいますね。

『慌てて、ワイパーとウィンカー間違える。』

『正面みながら前の窓開けようとしたら後ろの窓開く 』

『シートベルトのロックかかり、なかなかシートベルトがのびない』

『ガソリンのとこ開けようとしてボンネット開く』

『ついでに、シートも倒れる』

誰もが一度はやっている(はずの)運転のあるある、いかがでしたか?今日も安全運転で、行ってらっしゃい!

参考トピ (by ママスタジアム
初心者ドライバーあるある