life

何をやらせてもパッとしない……我が家の冴えない子どもたち

IMG_8209
我が子にはどうしても期待をかけてしまうもの。なんでもできる優等生とまではいわなくても、せめて人並みであってほしいと願うのが親心? でも、望み通りにはならないことだってありますよね。「小2の息子が冴えない」と嘆くあるママさん。「簡単な算数テストでも60~70点しか取れず、記憶力も悪い。読書も嫌いだから国語も苦手。運動もパッとしない。競争心も向上心もなく、本当に情けなくなります……」というお悩みに、たくさんのコメントが集まりました。

大丈夫! 物足りなく思えていた我が子が、花開く瞬間もある

寄せられた中にとても多かったのが「うちの子も同じだった!」というコメントです。大切な我が子だけに、勉強や運動、行動面などに親の期待はどうしたって大きくなりがち。そのぶん物足りなく思えてしまうのは仕方のないところですが、じっと見守っていれば花開く時期がくる子もいるようです。

『うちの長男がそんな感じだったよ。小学校時代は運動も勉強もパッとせず、競争心もまったくなかった。でも中学に入ったら部活に目覚めちゃって、1年生からレギュラー入り。コミュニケーション能力もすごいらしくて、今やクラスの中心人物。「先生たちからも信頼されている」って担任にも言われたよ。ま、勉強は相変わらずパッとしないけど……。まだまだ小学生だし、これから変わるかもね』

『うちの子のことかと思った! まさに冴えない子だけど、競争心ゼロなだけあって、ほかの子に意地悪したりはしないよ。そんな息子が私はかわいくて仕方ない。たしかにほかの子よりできないことも多いけど、息子なりに頑張っているし。見守ってあげたいって思ってる』

『うちだー! うちの長女も1年生のときはそんな感じだったよ。でもそれは幼稚園時代に私が鬱っぽくなって、ダメ親だったからだと思っている。2年生になって担任が代わり、親子共々に叩き直されたおかげで(笑)4年生の今は成績上位にまでなれました。もし私があのままだったら、子どもの将来をつぶしてた……』

『私の母もこんなだったな。よく「あんたはダメな子」って言われてた。どんどん自信をなくしてダメになっていったなー。誰に言われてもいいけど、親にだけは「おまえはダメな子じゃない」って言われたかったな。母親に「冴えない」とか思われなくないな。本人には言っていなくても、そういうのって態度や言葉のはしばしに出たりするものだよ。子どもをダメにするのは親なんだと思うよ。まずは信じてあげることじゃないかな?』

情緒面を育てる。塾へ行く。親としてしてあげられること

きびしくても愛のあるコメントが心に響いてきますよね。中には「こんなことをやるとよいのでは?」と、具体的な方法を示してくれたママも。期待はほどほどに、できることから気長にやっていくとよいようです。

『勉強のつまづいたところまで戻って、一緒にやり直してあげたらいいのでは?』

IMG_8211

『それくらいの点数を取れているなら、心配しなくてもいいですよ。どうしても気になるなら、個別指導の塾に行ってつまづいた単元を教えてもらえれば、簡単に100点が取れると思いますよ。うちも算数は40点くらいでしたが1年間塾に通ったら、学校では100点ばかりになりました。あとから芽が出る子もたくさんいます。結果だけじゃなくて頑張りを見て長い目で見守ってあげてください』

『私はまず学習面に関してはあきらめて、期待を持たないようにしました。家では近所の川などに一緒に行き、亀やオタマジャクシをつかまえて育てています。家庭菜園も一緒にやっています。絵本の読み聞かせは毎日で、いろんなジャンルを読んでいます。あと質問されたことはなるべくその場で検索して、答えを一緒に見ています。ぜんぶ余裕がないとできないことです。でも勉強面をあきらめてからは、予習復習に当てていた時間を使えるようになりました。お母さんも一緒に楽しみながら過ごしてほしいです』

IMG_8210
その子の個性を丸ごと受け止めてあげたい! と、頭ではわかっていても、ついつい悩んでしまう気持ちはよくわかりますよね。でも本当のその子らしさが育まれてくるのは、まだまだこれから。どっしりした気持ちで見守ってあげましょう。

文・編集部 イラスト・おぐまみ

参考トピ(by ママスタジアム)
子供がのび太みたいにショボイ