life

9月1日は「防災の日」!あらためて災害対策について考えよう

記事提供:@niftyわたしのマネー術

20150901_imasia_11282901_M_1.jpg

◆ふだんの生活の中でコツコツ災害対策

9月1日は防災の日です。その由来は、大正12年9月1日に発生した関東大震災。当時、震度7の地震によって、10万人以上もの命が失われました。また、8月から9月にかけては台風による洪水や津波も多い時期。この期間に防災意識を高めようと、昭和35年、政府によって制定されたのが「防災の日」なのです。

防災と聞くと、地震対策で家具を固定したり、備蓄をそろえたりと、やることがいっぱいで大変そうですよね。あれもこれもと考えているうちに、「なにから始めればいいのかわからない……」と、諦めてしまう人もいます。そこで、毎日の生活の中で少しずつ、コツコツ防災対策をするのがオススメ。気づいたものから、お買い物のついでに購入してみましょう。なにもないより、1つでも多くの備えがある方が安心です。

インターネット通販でショッピングをするついでに飛散防止フィルムを購入し、窓を掃除するときに貼ってしまいましょう。スーパーへ買い出しに行くついでに災害時に役立つ食糧を少しずつ調達するのも大切です。1回の掃除ごとに、家具を1つずつ安全な場所に移動させるのもよいですね。

◆防災セットはカスタマイズしよう

防災グッズとして備えておきたいのが飲料水や非常食、医薬品、衣類、停電対策グッズや救助用グッズなどです。セットで販売されているものなら、5~7年と、保存期間が長いお水、非常食用のごはんや栄養の摂れる食品類、緊急用の笛やレインコート、簡易トイレなど必要最低限のものがしっかりそろいます。持ち運びしやすく、重みに耐えられるリュックつきのものなどもあります。

防災セットは1人分で8,000~10,000円程度が相場。ただし、住んでいる場所や家族の状況によって、必要なものは増減します。セットを買ったら中身を確認して、少しずつ足したり減らしたりしながらカスタマイズしてくださいね。少しずつ確実にそなえて、急な災害から身を守りましょう。

コラム出典:9月1日は「防災の日」!あらためて災害対策について考えよう
(by @niftyわたしのマネー術)