entertainment

蛯原英里さんが語る「Water Style」~環境省「Water Day FESTIVAL」

ebihara11

8月1日の「水の日」、イオンモール幕張新都心で行なわれた「Water Day FESTIVAL」にて、チャイルド・ボディ・セラピストの蛯原英里さんと、環境省 水・大気環境局の田中道雄さんのトークショーが行われました。
お二人は6月に行われたママスタでの企画にもご登場いただき、今回が二度目のお顔合わせとなります。
サントリーの天然水で作ったかき氷がお二人にプレゼントされ、なごやかな雰囲気でトークショーが始まりました。

ママスタジアムのWater Style企画でお二人は対談されましたね。蛯原さんにとっても「水」について意識するきっかけになったかと思うのですがいかがでしたか?

蛯原:
これまでは水についてあまり意識したことがなかったので、とてもよい機会になりました。環境省の方とお話しさせていただくのも、中々ないことだと思うのでよい経験になりましたね。

田中さん、今日の「Water Day FESTIVAL」は、環境省が推進する「ウォータープロジェクト」の取り組みとして行われていますが、なぜ環境省でこのプロジェクトを行なうことになったのでしょうか?

田中:
昨年水に関する新しい法律が出来ました。「水循環基本法」という法律です。この法律では、日本の水循環をこれからも国や自治体、そして民間の力で支えていこう、ということが定められています。
この法律の主旨に基づいて環境省でウォータープロジェクトを立ち上げ、今日会場に参加していただいているような多くの企業様と共に、水環境を支えていくための活動などに取り組んでいます。
huta

水環境を支える、というと節水することかなと考えがちなのですが、そういう取り組みなのでしょうか?

田中:
節水することも大事な取り組みだと思います。ただ、環境省では今回、それだけではなく、水を楽しみながら積極的に生活に取り込んでいきましょう、と提案しているんです。
実は私もそうだったんですが、これまで無意識に水を使っていた人、この会場にもそういう方、多いのではないでしょうか?
ですがこれからは、水は大事な資源、様々な環境問題と結びついているんだと理解していただき、しっかり意識しながら使っていただきたいと考えていて、それを「WaterStyle」として提案しているんです。

蛯原:
難しいことではなく、まず生活の中で水を使うときに少し意識するところから始めればいいんですね。楽しみながら水を使うことも大事なのですね。
ebi13
田中:
そうなんです。先ほどサントリーさんからかき氷を用意していただきましたが、ひんやりと美味しく楽しむことができましたよね。これも水を意識して楽しめる一つのスタイルだと思います。

先ほど田中さんから「Water Style」という言葉がありましたが、こちらについて説明いただけますか?

田中:
はい。私たちが毎日利用している水は常に循環しています。
海水が蒸発して、雲になって雨が降り、山などに浸透してゆっくりと浄化されながら、地下水となって湧き出してきます。そして、これを私たちが使っているわけですが、別の言い方をすると、私たちもまた水循環の一員なんですね。
そこで、これからも豊かな水環境を守っていくために、水循環の中にいる私たち一人ひとりが、毎日の生活で水を意識していくことが大切だと考え、ガマンするのではなくて、生活の中で水を積極的に使って楽しんでいただく新しい水との向き合い方を、「Water Style」という言葉でお伝えしていきたいと思っています。

「Water Style」には企業も参加しているとのことですが、どのような取り組みがありますか?

田中:
サントリーさんの「天然水」かき氷もそうですが、会場では、例えば日本コカ・コーラさんが、「いろはす」を通じて、全国の水源地の紹介やその保全活動について紹介しています。自分たちの水源地を知ることも水を意識する大切なことですよね。
また今日は会場で子どもたちに大人気ですが、鴨川シーワールドさんが海ガメとのふれ合いや、海の生きものを知ることで、水の大切さについて考えようと呼びかけています。こういう視点も面白いWater Styleだと思います。
そのほかにも、多くの企業がそれぞれの商品や強みを活かした「WaterStyle」を紹介していますので、皆さんも是非、会場をご覧いただき、ご自身に合った「WaterStyle」を探してみていただければと思っています。

企業だけでなく、私たち一人ひとりもWater Styleに取り組めるということですが、蛯原さんは、もうご自身のWater Styleって、何か決められているんですか?

蛯原:
家族で楽しく水を使っていきながら、「Water Style」を意識していこうと思っています。
例えば今年の夏はすごく暑いので、娘の熱中症予防に水をたくさん飲ませるようにしていますし、その分汗もすごくかくので、一日に何回かシャワーを浴びさせています。そうした時、水ってすごく必要だなって、改めて感じていますね。
あとこの夏ぜひやりたいことがひとつあって、大きなビニールプールを買って娘と一緒に水遊びをしたいなと思っています!

田中:
蛯原家の夏の「WaterStyle」ですね(笑)

蛯原:
はい(笑)、さっそくイオンで探してみようかな。

ebihara12
蛯原さん、田中さん、ありがとうございました!

(トークショー司会:一般社団法人日本エンパワーメントコンソーシアム 山下太郎代表)

Water Day FESTIVAL
[ 主催 ] 環境省
[ 日程 ] 2015年8月1日(土) ∼2日(日)
[ 場所 ] イオンモール幕張新都心