life

本当は気をつけたい、経口補水液の飲み方とは?

Fotolia_66378152_Subscription_Monthly_M

ここ数年で認知度が一気に上がった経口補水液(けいこうほすいえき)。脱水状態に有効とされる飲料です。熱中症対策でストックしている、外遊びや部活動の時に子どもに持たせている、という方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、もしスポーツドリンクのようにがぶ飲み、しかも大量に摂取しているのなら・・・ちょっと待ってください。実は経口補水液には色々と制限があるのです。

■目安量が決まっている経口補水液

経口補水液は他の飲料に比べて塩分が多く含まれており、健康な人が必要以上に飲むのは好ましくありません。大塚製薬のOS-1の場合、摂取量の目安は学童~成人(高齢者を含む)で「500~1000mL /日」。幼児の場合は「300~600mL /日」。乳児は体重1kgあたり「30~50mL /日」。また腎臓病などでナトリウム、カリウムの摂取制限を受けている人は、使用にあたって医師との相談が必要です。経口補水液に関してママスタではこんな意見も。

『どうしても水分が取れない人がゆっくり時間をかけて飲むものです。飲む点滴だからね。』

『OS1は塩分が多く含まれてるから、飲み過ぎは高血圧の原因になるよ。
高血圧、腎疾患、心臓病を患ってる人は特に注意が必要 』

『「医師から脱水状態時の食事療法として指示された場合に限りお飲み下さい。医師、看護師、薬剤師、管理栄養士の指示に従ってお飲み下さい。・・・」と記載があるから常用する飲料じゃないよ。』

■念のため持たせるなら、まずは飲み方を確認!

炎天下での部活動などで万が一脱水状態になったときのために、他の飲料に加えて経口補水液を持たせるなら良いのではないかという意見がありました。休憩時間に一気飲み…なんてことのないよう、親子で説明書をよく読んでおくとよさそうです。

『(経口補水液なんて)しょっぱくて飲めないよね?
でも麦茶やスポドリにプラスして持たせるならOKでしょ。 』

『(経口補水液を)美味しく感じたら熱中症なりかけだから飲んだほうが良い。
塩っぱく感じたら塩分摂り過ぎになるのでスポーツドリンクや麦茶で十分ってテレビで見たよ』

『運動中はスポーツドリンクが最適だよ。
ただし、これも塩分、糖分はかなり含まれているので必要以上に摂取するのは良く無い。』

高齢者の方でもときどき、持病があるのに常用してしまっている事例があるそうです。熱中症を気にするあまり高血圧など他の病気を呼び込まないよう、注意書きをよく読んで正しくお飲みくださいね。

 

■参考

経口補水液OS-1公式サイト(http://www.os-1.jp/

参考トピ (by ママスタジアム
OS1を持たせたら先生に注意されて