child

子どもの想像力を育ててくれる絵本タイム。正しい読み方できてますか?

6ae569e128cc14fd3105e1bc44776513_m

子育ての中で、“絵本の読み聞かせ”はとても大切な親子の時間です。
“絵本の読み聞かせ”は、お子さんの脳と心の発達に大きな影響を与えると言われています。
また、親子のコミュニケーション・絆を深めてくれる時間でもあります。
お膝の上に乗って、身体全体で感じる親の声は、お子さんの心の成長にとても良い影響をもたらすとされています。
出産後まもなく、自治体から絵本が贈られる地域も多いようで、0歳のうちから繰り返し読んであげた本は、お子さんが大きくなってもお気に入りの1冊として読み続けられます。

多くのご家庭で、お子さんに絵本の読み聞かせをしていると思いますが、実は意外と多いのが“間違った絵本の読み聞かせ”
そこで今回は、やってしまいがちな“間違った読み聞かせ”についてお話します。

■感情を入れて読むのは間違い!?

紙芝居を読むように、全ての登場人物になりきって絵本を読んでいませんか?
実は、感情を入れて絵本を読むのは間違いなのです。
絵本の読み聞かせは、子どもの想像力を伸ばしてあげる為のお手伝い。
詠み手のパパやママが、あまりに感情を入れて読んでしまうと、子どもが自ら創造する力を邪魔してしまうのです。

実習で幼稚園いった時に担当の先生にそう教わった!実際は読んでるうちに感情こもっちゃうんだけどね(笑)

これは乳児や幼児に限らず小学生にもだよ。感情込めて読むのはダメ。読んだ後に「どうだった?」って感想を聞くのもダメ。読み聞かせのボランティアしていた時に図書館司書の先生から言われた。
子供たちの中での想像を膨らませられなくなるって。

言葉ひとつひとつしっかりと読んであげなきゃいけないんだってね。

読み聞かせボランティアをやっています。
読み手が感情を入れて抑揚をつけるのではなく、読み手が淡々と読むことにより、子供が子供自身の感性で自分で感じたり、お話しのイメージを広げてほしい。という観点からの話しですね。
読み聞かせでも色々な考え方があるので、抑揚つけたらダメ!という訳ではないと思います。
淡々と読む本、思いっきり抑揚をつけて子供を笑わせる本と色々試すと良いと思います。
大事なのは子供が(大人も)読み聞かせを楽しみにしてくれることですね。

淡々と無愛想に感情入れないで読むというのではなく、変な抑揚つけたり、オーバーに話したりせずに、普通に読めばいいんじゃないかな?
あと、○○がおもしろかったね、とか私から感想は言わないようにしている。子どもが何か感じとる前に、決めつけみたいになっちゃいそうだから…。子どもに共感するのは良いことかもね。

あと親がアドリブやオリジナルのセリフ入れたりもダメなんだよね。

この他にも、絵本にはないストーリーを盛り込む、アドリブを入れるというのもNGです。
その絵本の言葉をしっかり、ゆっくり丁寧に読んであげましょう。乳幼児の場合は、その読み聞かせから言葉を覚えていくので、発音もしっかり意識してくださいね。
また、絵本はできれば毎日読んであげましょう。
今日は、パパ、明日はママ。と、同じ絵本でも読み手が変わることで脳に与える刺激が変わるのでオススメですよ。

参考トピ (by ママスタジアム
知ってた!?絵本を読む時、