manga

意外と効果あり?一風変わった”陣痛がラクになる方法”

出産を間近に控えて、ドキドキしない女性はいませんよね。初産はもちろん2人目、3人目でもその緊張感は同様。ママスタの人気投稿「陣痛ができるだけラクになる方法」の中には、思わずクスッと笑ってしまうような方法も。今回はちょっとユニークな方法をピックアップしてみました!

何をイメージするかはその人次第。気が紛れればなんでもOK!

大切なのはイメージすること。「自分だけじゃなく赤ちゃんだって頑張っているんだ!」とイメージする王道パターンもありますが、こんなユニークなことを考えながら陣痛を乗り切ったママも。効果的なイメージは人それぞれ、ですね。

『私は「この痛みはまだ序の口だ!!」「自分ならまだ耐えられる!!」って自分に言い聞かせたり、「ライオンに噛まれたらもっと痛いんだろうな~」って変なことを考えて紛らわしていたよ』

IMG_8745

『ひとりめふたりめ共に、頭の中で陣痛の実況中継。
「うわ~、見事な陣痛ですねぇ」
「これは痛い! 痛すぎます!」
「もうそろそろ全開になってもいいんじゃないでしょーか?!」
……など。くだらないけど、弱気になるより乗り越えられる! たぶん今回も実況する(笑)』

『私は陣痛の合間にひたすらお産が終わったときのことをイメージしていた。上の子に似てるかな? 明日のご飯何だろう? ケーキやくだもの食べたいなぁ~とか。陣痛がきていないときは、いかに体の力を抜いてリラックスできるかで全然違うと思う』

『陣痛中はとにかく現実逃避。喋る(騒ぐ)と余計痛いのに気付いたから、 黙って息をすることだけに集中したら、痛みが和らいだ気がする』

『頭の中に嫌いな人を思い浮かべ、「あいつでも産めたんだから、私にできないことはない!!」と考えていた(笑)』

IMG_8744

ご本人たちはもちろん真剣!  試行錯誤の末に発見したオリジナル法

呼吸法を意識したり、腰をさすってもらったり、腰や肛門にゴルフボールを当ててもらったり……。いろんな方法を試しながら、自分には何が一番効くのかを探っていきたいものですよね。王道からはやや外れていますが、こんな方法も試してみる価値はあるかも。先輩ママの失敗例も教えてもらえました。

『赤ちゃんに必死で酸素を送ろうと、息を吸うことばかりに集中していたら、体が痙攣を起こしました(苦笑)。息を吐くことも忘れずに』

『私はその逆で、息を吐きすぎて過呼吸気味に……呼吸法は大事だし、とてもラクになりますよね!
痛くてパニックになるけど、助産師さんや周りの方の言うことに耳を傾けて言われる通りにしたら楽でしたよ』

『私は痛みがきたら立ったまま片足で地面を蹴って、気を紛らわせていた! それがよかったみたいでスムーズに進んで、超安産で生まれた。助産師さんが「蹴ることで赤ちゃんが下りてきやすい重力がかかったんだろうね」って言っていた。
今、2人目を妊娠中だけど、また地面を蹴って陣痛を乗り切るつもり』

IMG_8746

『落ち着いて呼吸に集中していたらラクだった。あとLDR(陣痛分娩室)のベッド横に赤ちゃんの処置台があって、鏡も置いてあった。そこに陣痛に耐える、見たこともないくらいブッサイクな自分の顔が映ったので、痛みを忘れることができました。鏡は意外とオススメです』

立った状態でベッドに手をつき、つま先立ちをする
陣痛の波が来たときにこれやると、痛さが和らぎましたよ』

『波が来ているとき、心の中で歌を歌うのが意外と良かった。
好きな歌とかじゃなくて、陣痛に合う歌(テンポとか)がある。
オススメは中島みゆき。
波が来たらサビを歌い始め、サビが終わる頃波が遠のく。
そのうち波が来ても「もうすぐ歌い終わる!」とか思えて乗り切れる。
気がまぎれるのが一番』

『陣痛がきて、みなさんの意見を参考にしてお産に挑みました! 初産で3時間半の超安産。
鼻で吸って口から長く吐く深呼吸、助産婦さんの言うことをかたくなに守る。痛くても守る。
これでいけました。この投稿を見ていて良かったです。ありがとうございました』

一瞬「そんなのアリなの?」と思ってしまうユニークな方法でも、どれが自分に合うのかは人それぞれですので、一度は試してみる価値もありそうです。初めてのお産を控えたプレママさんは、ぜひ先輩ママたち意見を参考にしながら陣痛を乗り切ってくださいね。

 

文・編集部 イラスト・藤森スズメ

参考トピ (by ママスタジアム
陣痛ができるだけ楽になる方法