child

やっぱり王道は強かった!うちの子が大好きな絵本、教えます

Fotolia_55047728_Subscription_Monthly_M

子どもに絵本を読み聞かせしてあげるのは、ママにとっても至福のひと時♪ 外遊びの時間が少なくなる暑~い季節は、涼しいお部屋で絵本ざんまいもおすすめですよ。

■繰り返し出会えるお友達☆ シリーズものは大人気!

いろんなタイトルが挙がりましたが、人気があったのはシリーズもの。子どもにとっては、同じ登場人物が出てくる安心感があるようです。中でもダントツ人気は『だるまさん』シリーズ(かがくい ひろし)! 『こぐまちゃん』シリーズ(わかやま けん)や『ノンタン』シリーズ(キヨノ サチコ)、『ペネロペ』シリーズ(ゲオルグ・ハレンスレーベン、アン・グッドマン)などにもたくさんの票が集まりました。

“最近2歳になった息子は0~1歳のときに買った『だるまさん』シリーズと『おべんとうバス』(真珠まりこ)、(こぐまちゃんシリーズ)『しろくまちゃんのほっとけーき』が今でも大好き。最近は自分で読めて…ないけど、なんとなく雰囲気で読んでる(笑)”

“『だるまさん』シリーズが気に入ってて、パパが帰ってきてから子どもが寝る前に家族3人で真似してからおやすみします”

“『ペネロペ』の仕掛け絵本には全部ハマってた。入園するころまでは破壊されないよう、隠して保管しておかなきゃいけなかったけど(笑)”

“『だるまさん』。3歳児が読み聞かせて、1歳児が揺れまくる(笑)”

“うちも『だるまさん』シリーズ。かがくい ひろしさんの絵が好きで、集めています。『おしくら・まんじゅう』(かがくい ひろし)も好き。最近は『きょだいな きょだいな』(長谷川摂子)と『しろくまちゃんのほっとけーき』に2歳娘がハマっています”

■人気絵本、名作にハズレなし! 絵本から生まれる素敵なエピソード

他にもたくさんのタイトルが挙がりましたが、どれも「名作」といわれるものばかり。大人のように好みが定まっていない子どもは、「みんなが好きなものは自分も好き」。人気作、名作にハズレなし!のよう。絵本にまつわるそれぞれのエピソードも素敵です♪

“『うんちしたのはだれよ!』(ヴェルナー・ホルツヴァルト)。強弱をつけて読んであげたら、7歳5歳3歳みんな爆笑だった”

“『ほげちゃん』(やぎ たみこ)は、私も子どもも大好き。1ヶ月くらい毎晩読まされた。続編(『ほげちゃん まいごになる』)も買ったよ”

“シゲタ サヤカさん、いもと ようこさんの絵本が好き。とくにいもとさんの『くりのきえんのおともだち』シリーズは、園のお友達と担任の先生を登場人物に当てはめて読んでいるからお気に入り”

“『こんちゅう』(三芳梯吉)という絵本が好きで、見せるとテンションが上がります。昆虫図鑑とかでリアルな写真を見るのも好きみたい…でも私は嫌だよ〜!!”

“『だいすき ぎゅっ ぎゅっ』(フィリス・ゲイシャイトー、ミム・グリーン)。絵もかわいいし、何度も繰り返し出てくる『だいすき ぎゅっ ぎゅっ」のところで、子どもとお互いにギュッ!ってするのが楽しい!”

びっくりするほどのロングセラーも多い絵本。どれだけ時代が変わっても、子どもの心に響くものに変わりはないようです。迷ったら、まず名作。そして何よりママ自身が「おもしろそう!」と思う絵本を読んであげるのが一番です。楽しそうに読むママの声そのものが、きっと子どもにとって特別な思い出につながるものだと思います。

参考トピ (by ママスタジアム
お子さんの好きな絵本を教えてください