life

三人目に立ちはだかる「3つの悩み」決意したきっかけは?

かわいい幼児

上2人のお子さんが成長して、小さな赤ちゃんを街などで見かけたときに「3人目が欲しいな……」と思うことがあっても、さまざまな理由で思い踏みとどまってしまうご家庭も少なくないのでは? 育児の大変さは勿論ですが、その理由は一つだけではなく、複雑な要因が入り混じっているのだと思います。では実際に三人目を作ることに消極的になってしまう理由には、どんなことがあげられるのでしょうか?

三人目を阻む「三大原因」とは?

三人目を作ることに悩む三大要因は「育児の壁」「家計の壁」「年齢の壁」ではないでしょうか? 育児の壁・家計の壁については、お子さんが小さいときに頼れる人がいなかったり、上の子たちの将来のことを考えると経済的に難しいと考える方も多いようです。

育児の壁

『三人目は欲しいけど、まわりに頼れる親戚がいないので難しいかな』

『うちは8歳娘と4歳息子。

もう一人欲しいけど、娘がスポーツしてて来年はもう高学年だし、送迎とか応援とかたくさん行かなきゃだからそこに赤ちゃん……となると無理かなと思って諦め気味です。でも赤ちゃんほしいなぁ。旦那も同じく欲しそう』

家計の壁

『結婚したときから旦那と「子どもは三人!」と決めていました。三人目が欲しいとは思うけど、経済的にはそろそろ働きにでないと……とも思う。今パートが決まっても三人目ができたら辞めないといけないので、今働かずに三人目を産んでからパートに出るべきか、少し働いてから三人目を考えればいいのかと迷っています』

『今子どもは二人なんだけど、上の子の将来のことを考えたりすると「経済的に厳しいかな」って旦那と話すようになってきてしまいました』

今は昔と違って親との別居や共働きが主流となっているので、育児はママたちの負担がとても大きいのです。また三人目ともなると、将来的に必要になる学費を考えたらときに経済的な理由から思い踏みとどまってしまうこともあるようですね。
しかし、自治体によっては手厚い制度を用意している場合があります。例えば岡山県高梁市には「高梁市出産祝金支給制度」があります。こちらの制度によって、第一子、第二子の出産では1万円の支給ですが、第三子出産で50万円、第四子出産で100万円の出産祝金がもらえます。

参考:出産で100万円のお祝い金!?自治体独自の子育て支援制度のご紹介

三人目を考える際にこうした自治体の補助制度がないか探してみるのも一つの手ですね。

年齢の壁

そして三人目となると、出産時の年齢が30代後半~40代になるママもおり、年齢的なことや、子どもや母体の負担を考えると「三人目は難しい」と思ってしまう方もいるようです。

『私は三人目が成人する頃には還暦を過ぎてしまうので、年齢・体力的にもう無理かなと諦めています』

『私は1人目できるのが遅かったし、精神的にも経済的にも余裕をもって子育てしていきたいから、身の丈にあった2人でおしまい。あとは授かった子どもたちを立派な社会人に育て上げることに集中する』

三人目を決意したきっかけは?

『女の子が欲しかったし、どうせなら20代のうちに三人目を産んでしまおうと思って』

『30歳までに欲しかったから。
病気が良くなったから。
PTAの役員と町内会の組長の当番が終わったから』

『男の子がほしかったから』

『三人兄弟がよかったから』

『女の子が欲しかったから』

『小一娘、3歳息子がいて今妊娠四ヶ月です。

三歳息子の出産の時早産で低体重児だし入院中に生死彷徨うし、こんな思いするなら次はいらないと思ったのにやっぱり欲しいという気持ちには勝てませんでした』

三人兄弟・姉妹の良さは?

経済的にも年齢的にも三人目を悩むママたちがいる一方で、三人兄弟・姉妹にもメリットがあります。それは三人という人数で一つのコミュニティーができること。役割分担が自然にでき、兄弟・姉妹間でコミュニケーション能力を育てることができます。また自分の立場を把握し、責任感が生まれる子もいるでしょう。案外多いのが、三人目が生まれたら「上の子がしっかりした」という声です。それぞれの役割を意識することで、子どもは自然に成長していくのかもしれませんね。

実際、三人目が生まれてどうですか?

『うちは9歳・6歳・0歳。

上2人がお世話したがって赤ちゃん取り合いする姿は微笑ましいよ。
しかも9歳の長女が凄く成長した!
3人目産まれてから、いいことばかりだよ~!!』

『長女4歳、次女3歳、長男2ヶ月
三人目、不安だったけど生んで本当に良かったよ!
もう、かわいくてかんいくて孫みたい。
赤ちゃんて、育児ってこんなもんって分かってるから、おおらかに育てられてる今のところ』

『我が家も上の子が8歳、下の子が6歳。今妊娠中で秋に出産予定。
今の生活が安定してきて~てのは凄くわかる!
やっぱ、二人大きくなって別に手伝ったりが無くなって楽だもんねー。
うちは三人目が生まれたら来年4月には下が一年生になっちゃうし、のんびり赤ちゃんの見よっかなって感じ。
二人の育児はやっぱ大変でのんびりなんて出来なかったからさ(笑)』

『うちは六年生、二年生、1歳。
上二人が色々お世話してくれるから楽だよ。
産まなくて後悔する事はあっても産んで後悔する事はないと思うけどな』

『年が離れたからか、みんな可愛くてしょうがない感じ。自分も久々の子育てで可愛いしね。
今はまだおむつ代くらいだけだから金銭的な負担は感じないけど、どうやっても3人目は泣かせてる時間が多くなっちゃったり小さい内から連れ出しだりしなくちゃいけない大変さはあるかな。
でも我が家は3人目産まれてきて本当に良かったし幸せだよ~』

三人目に踏み切るまでにはかなり悩むかもしれませんが、できたらできたで家族の絆が深まるよいきっかけになり、新たな楽しい生活が始まるのかもしれませんね。

一生に一度のことなので、旦那さんともよく話しあって後悔のない選択をしたいですね。一つの参考になれば幸いです。

文・編集部

こちらの記事もオススメです

参考トピ (by ママスタジアム
三人目
三人目悩む