talentcolumn

映画 ポケモン・ザ・ムービーXY「光輪(リング)の超魔神 フーパ」 7月18日公開  藤原竜也さんインタビュー

1

サトシとピカチュウたちが、“なんでも取り出すことのできるリング”を持つ幻のポケモン・フーパと繰り広げる冒険が描かれるポケモン・ザ・ムービーXY「光輪(リング)の超魔神 フーパ」(2015年7月18日公開)。物語の鍵を握る青年・バルザを演じる藤原竜也さんに取材させていただき、映画の見所などをお聞きしました!

ポケモンの声優として出演が決まった時の感想を教えてください。

18年も続いている国民的映画ですから、本当に僕でよいのか制作側に何度か確認してもらったんですよ。それでも大丈夫とのことだったので、「ぜひやらせていただきます」と出演させてもらうことになりました。
僕ね、最初お声掛けいただいた時、ピカチュウに退治される悪そうなポケモン役だと思ってたんですよ(笑)でも台本を見てみたら、バルザという好青年の役だったので、「あっそういうことか。」と思いました(笑)

そうだったのですね!(笑)
今回藤原さんが演じられたバルザは、どんな役柄ですか?

主役ポケモンであるフーパと幼い頃から共に育ち、密接な関係にある兄妹の兄役です。特殊な能力を持ち、「いましめのツボ」というものを手にしたことによって物語が展開していきます。

声優としての収録が終わった後、どのように感じられましたか?

今回、妹のメアリ役として共演した中川翔子さんの多彩さは、昔からメディアで見させていただいて、素敵な方だと思っていましたし、フーパを演じられた山寺宏一さんの声優としてのすごさを昔から拝見していましたから、一緒の作品に関わらせていただけたのはすごく貴重な経験でした。緊張感をもって足を引っ張らないようにと一生懸命やらせていただきましたけれども、すごく楽しかったですね。

いつもとは違う声のお芝居ということで、どのように役作りされましたか?

事前にポケモンの世界観をつかむために、以前の作品を観て役作りについて考えることはありましたが、自分でこういう声で演じたい、というのではなく、現場で監督の意見に忠実にやらせていただきました。

ワンカット録るごとに音響監督が部屋に入ってきて下さり、「もう少しこういうテンションで、こういう間をとって、こういうニュアンスを伝えてほしい」というような細かいアドバイスをいただきながら何回も繰り返して、次はこれでやってみよう、ああやってみようの様な感じで、本当に細かく一言一言録っていきました。

セリフは僕が言いやすいように監督がすごく考えてくれましたのでとても言いやすかったですし、中川さんが僕の妹役のメアリの声を先に録ってくれていたので、その流れでやらせてもらいました。

声優のお仕事は俳優のお仕事と比べていかがでしたか?

出来上がったアニメの口に合わせて声を入れていくというのが、難しいんですよ。
「あれっ、これちょっと遅すぎるんじゃないのかな?」とか思ったりします。でも、そこが面白みでもあるですよね。俳優は体全体や顔の表情で表現できるけれども、声だけで演じないといけないですからね。

収録時の面白いエピソードがあれば教えてください。

収録は、共演者の方と一緒に録ったのではなく、一人で入ったんですよ。なので共演者の方とのエピソードはないですが、面白いなって思ったのは、ピカチュウって、ピカピカ言っているだけだと思っていたけど、台本に「ピカ」と書いてあって、括弧して(分かった)とか、括弧(僕もそう思う)とか、「ピカピカピカ(そうだよね)」みたいに感情が細かく書いてあるんですよ!それはおもしろいなと思いましたね。そしてだんだんピカチュウが可愛く思えてくるんですよね(笑)

完成した作品を見て感じたことはありますか?

映画の吹替えやアニメを見ていると、その声の方のイメージが頭の中をよぎったりして、映画に入り込めないことがあると思うんですよ。
でも、中川さんや山寺さんは、この声はあの人だと視聴者に思わせないでストーリーに引き込ませてくれる。自分でやってみて、それはすごいことだと思いましたし、声優の仕事は奥が深いと思いましたね。

映画の中で注目してほしいところはありますか?

篠原信一さんが演じられた「ヒポポタス」というポケモンですね。実は重要な役なのでね、注目してみてください(笑)僕は、中川さんと兄妹役をさせていただいているのでその掛け合いをみていただければと思います。

中川さんや山寺さんは何度もポケモンに出演されていますが、藤原さんもまたオファーが来たらどうですか?

次はヒポポタスみたいなポケモンの声がやりたいですね(笑)

ママスタは、小さなお子さんをお持ちのママが多いのですが、ママたちに向けてメッセージをいただけますか?

ポケモンというのは、子供たちに希望を与えられる作品ですが、子供だけでなく幅広い世代に分かりやすく、大人の心を動かすような温かみのある作りになっていると思うんですよ。僕も今回演じてみて、ポケモン映画が18年間愛され続けていることを実感できました。子供の時に見ていた何かを、自分の子供と一緒に世代を超えて楽しめるということですから、そこまで強い映画ってなかなかないと思うんですよね。なので、ぜひお子さんと一緒に劇場に足を運んで、ママとパパは懐かしみながら、子供はポケモンに熱中して楽しんでいただければなぁと思います。
2
子供から大人まで楽しめるポケモン映画最新作『ポケモン・ザ・ムービーXY「光輪(リング)の超魔神 フーパ」同時上映「ピカチュウとポケモンおんがくたい」』。この夏、お子様と一緒にぜひご覧くださいね!
7月18日ロードショーです!!お楽しみに!

◆映画情報 ポケモン・ザ・ムービーXY「光輪(リング)の超魔神 フーパ」
ストーリー:サトシとピカチュウたちは旅の途中、“なんでも取り出すことができるリング”を持つ幻のポケモン・フーパと出会う。無邪気なフーパと仲良くなったサトシたちは、一緒に旅をすることに。一方、砂漠の街デセルシティでは、かつて街を壊したポケモンが封印されているという「いましめのツボ」に異変が起きていた。ツボからは邪悪な気配がただよい、やがて大きな影となっていく。それは――フーパ本来の「ときはなたれしすがた」=「超フーパ」だった!なんと、かつて街で大暴れしたポケモンの正体は超フーパ。ツボに封印された強大な力が長い時を経て“怒り”へと変化し、ついには黒い影をまとった超フーパとして蘇ってしまった!サトシたちは、デセルシティを守ることができるのか!?フーパと超フーパの戦いの行方は!?いま、ポケモン映画史上もっとも壮絶なバトルが始まる!

公式サイト:http://www.pokemon-movie.jp/