life

布川敏和さん「離婚うつ」から抜け出す3つの方法とは?

ff6c37c431780869635ef83e2b4db6e2_m
女性の経済的・精神的自立にともない、妻の浮気が原因での離婚が増えています。そういう女性は、「我慢して今の結婚を続けることはない。人生は一度きり、ほかにいい相手がいるかもしれない」と考えているような印象があります。そしてそんな前向きな女性は、配偶者以外に好きな人がいることもあり、いわゆる「恋しちゃった離婚」に発展していくことがあります。

2014年に離婚した布川敏和さんと、つちやかおりさん。
この2人の離婚は、つちやさんが飲食店主の男性とデートしていることが報道されて注目され、男性の存在が明らかになった時も「彼は大切な人です」と堂々としていた、つちやさんのほうが「恋しちゃった離婚」だったと思われます。

このデート報道の翌月、つちやさんと布川さんの離婚は成立しました。布川さんは離婚の原因が自分にもあることを認めながら、それでももう一度夫婦としてやり直したいと未練を残していたようです。そして最近テレビ番組の中で、自分が「離婚うつ」であることを告白しました。

この「離婚うつ」、妻に「恋しちゃった離婚」をされた夫の中では決して珍しいケースではありません。自分ではとうてい納得できず、悔しさや悲しさで悶々としてしまうからです。こちらの方が慰謝料を貰いたいのに証拠がないから貰えない、裁判沙汰にしたい気持ちはあるが世間体がある、プライドはズタズタ…などあれこれ考えては後悔もして「離婚うつ」になってしまうのです。

「離婚うつ」から抜け出すには3つのヒントがあります。

まずは、確実に傷を癒すための「時間」です。離婚騒動の最中はとても冷静ではいられません。視野も狭くなり、悪いことばかりを考えてしまいがちです。少しずつでも時間がたつことで傷は癒えていくことでしょう。

次は、家族や友人なとの「周りのあたたかな支え」です。話を聞いてもらえるだけで少しずつ気分も楽になっていくことでしょう。

最後は、「新しい恋」です。落ち込んでいる時でも、気になる異性の存在は、気持ちを前向きにさせてくれます。新しい恋は活力源・カンフル剤にもなるのです。

もともと明るい人柄の布川さん、大きな痛みを乗り越えて、また新たな恋にめぐり会って欲しいと思います。

※本記事は岡野あつこの「離婚修復相談所」が執筆しました。夫婦問題についてもっと知りたい方はこちらから!

http://xn--h1ss7pvwstvsw0n.jp/