life

この夏スタートの注目ドラマは、病児保育士の奮闘を描いた「37.5℃の涙」

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_m

保育園にお子さんを預けているママ達にとって「37.5℃」というのは、ドキドキしてしまうワードなのではないでしょうか?
この「37.5℃」とは、保育園が体調を崩したお子さんを自宅へ帰すと判断する体温なのです。
このボーダーラインを超えると、保育園から「お迎えに来てください」という連絡が来ます。その連絡が来たら、ママはお仕事を早退してお子さんを迎えに行かなくてはいけません。

体調を崩しているお子さんのそばにいてあげたい気持ちと、子どもの体調不良を理由に仕事を早退することへの後ろめたさ…。
働くママ達は、常にそんな気持ちの葛藤を抱えています。

熱が出たお子さんや、体調を崩しているお子さんは保育園では預かってもらえませんが、どうしても預けなくてはいけない状況のご家庭もあります。
そんなお子さんを預かってくれるのが「病児保育」です。
病児保育とは、保育士・看護師・医師・栄養士などの専門家が連携して病気にかかっているお子さんの保育・看護を行うことを言います。

その「病児保育」を題材にした「37.5℃の涙」(原作は椎名チカ著の同名漫画)が、TBS系列にて、7月9日(木)夜9時からスタートします。

原作となる漫画は、ママ達の間で「泣ける」「自分のことかと思った」「働くママには読んでもらいたい」と話題沸騰なので、ドラマの放送も注目度が高そうですね。

■ドラマ化に対しての期待の声

ドラマ化するんだー♪これ面白いよね!!感動するし。

原作は面白いけどドラマはどうなるのかね? 私は、とりあえず初回観て決める!

漫画読んだ感じだと、そこまでストーリーは重くないし、主人公にも家族間の問題あるけどいい方向に向かう内容だから見てみる。

原作を読んで、感動して泣いた。

原作は面白いよ!

すでに保育園に預けているママも、今後仕事復帰を控えているママも、7月からの「37.5℃の涙」をチェックしてみてください。
ママ達が抱える葛藤や悩みがリアルに描かれることによって、少しでもママ達の気持ちが軽くなるドラマであることを期待します!

参考トピ (by ママスタジアム
TBS【37.5℃の涙】木曜21時