campaign

持ち家の人と賃貸の人、火災保険を選ぶポイントとは?

記事提供:@niftyわたしのマネー術

Fotolia_66514420_Subscription_Monthly_M
■火災保険ってどんな保険?

火災保険とは、火災の補償だけでなく、落雷・風災・雪災などの自然災害や、水濡れ・爆発・盗難など屋内の事故を補償する保険です。
国民健康保険や自動車損害賠償責任保険のように、必ず入らなければならない強制保険ではありませんが、大切な家や家財を守るために、約8割の方が加入していると言われています。また、住宅ローンを組む際や、アパートの賃貸契約を行う際に、火災保険への加入が必須条件になることも多いですね。
火災保険は、「家に高価な家具があるので、家財保険を手厚くしたい」、「火災は心配だけど、雪災の補償はつけない」、など自分で補償内容をカスタマイズできるので、さまざまな保険会社を比べて、自分に合った保険への加入を検討するのが良いでしょう。

■持ち家の人、賃貸住宅の人、どんな火災保険を選ぶ?

火災保険は、一戸建てやマンションなどの「建物」と、建物の中にある家具などの「家財」をそれぞれ区別して補償します。持ち家なのか、賃貸なのかという、あなたの住まい環境によって保険を選ぶポイントが異なるので、しっかり確認しておきましょう。
まず、持ち家で一戸建てのお住いの方は、「建物」と「家財」の両方に補償をかける必要があります。また、持ち家で分譲マンションにお住いの方は、マンションの管理組合が加入している火災保険の内容を確認し、自分が入るべき「建物」の補償額を決めましょう。
特に集合住宅の場合は、上の階の住人からの水漏れや、隣の住人からの火災など、もしもの被害をきちんとカバー出来ているか確認が必要です。一方、賃貸住宅の場合は、部屋そのものについては建物のオーナーが火災保険の契約をしていますが、自分自身が火事や水漏れを起こしてしまった場合は、建物のオーナーに賠償をしなくてはならないことがあります。
賃貸契約の際に、必要な補償内容を確認しておくようにしましょう。
持ち家の人も賃貸住宅の人も、もしものときに備えて、自分に合った火災保険を選ぶことが大切ですね。

コラム出典:持ち家の人と賃貸の人、火災保険を選ぶポイントとは?
(by @niftyわたしのマネー術)