campaign

ベビーカー論争の起こらない社会を考える

記事提供:messy|メッシー

63c46763fcafe1795357d98ea2086d64_m
インターネット上でたびたび盛り上がる「ベビーカー論争」。「電車内でベビーカーをたたむべきか」について何度も熱い議論が交わされてきましたが、いまだにその結論は出ていません。実際、2015年4月に行われた【messy調査】でも、「混雑したバスや電車ではベビーカーを折りたたむべきだと思いますか?」という問いに対して、「たたむべき」「そもそも乗るべきでない」と答えた人が約6割、「たたまなくていい」と答えた人が約4割と意見の割れる結果でした。

育児者への身体的負担を考えるとベビーカーは非常に便利なものです。しかし、車内混雑時のベビーカーはときに事故の原因にもなりかねません。制度・システムの面からこの問題を改善、あるいは解決することはできないのでしょうか。交通政策を専門とする宇都宮大学大学院工学研究科教授の大森宣暁さんに伺いました。

■ベビーカーで移動しやすい社会をつくれるか
大森さんによると「ベビーカー論争は日本特有のものである」といいます。日本よりも古くからベビーカーが普及しているはずの欧米で、なぜベビーカー論争が起きないのでしょうか。その理由について大森さんは次のように語ります。

大森「欧米のベビーカーは大きく、たたむことができない製品が多いので、そもそも〈たたむべきかどうか〉という議論になりません。そして、欧米の電車は日本のように混雑しないんですよ」

たしかに「たたむべき」「乗せるべきでない」派の理由を見てみると、「電車の混雑時に危険・邪魔である」という意見が大多数を占めます。もし、電車が混雑しなければ、ベビーカー論争が日本でこれほど大きな話題になることはなかったでしょう。ベビーカー論争を根本的に解決するには、通勤時間をずらし混雑を緩和するといった社会構造の変革が必要なのかもしれません。

また、「たたむべき」「乗せるべきでない」派には、ベビーカーが電車のドア付近を塞いでしまうことを問題視する人もいるようです。これは欧米で普及する大きいベビーカーならば、なおさらのはず。欧米の国々ではどのようにこの問題を解決しているのでしょうか。

大森「欧米の電車やバスでは、車両に車いす・ベビーカー用の優先スペースが設置されています」
photo1.jpg
photo2.jpg

このようなスペースがあれば、ベビーカーで入口を塞いでしまう心配もありませんね。実はこの優先スペース、日本の電車でも徐々に普及していることをご存知でしたか? 2000年に「交通バリアフリー法」が制定され、公共交通機関のバリアフリー化が義務づけられたことを機に、多くの鉄道会社で車いす用優先スペースの導入がはじまりました。さらに2014年3月、国土交通省や鉄道・バス事業者からなる「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」が「ベビーカーマーク」(下図)を作成したことで、車いすマークとベビーカーマークをともに掲出した優先スペースが増えつつあります。
photo3.jpg

■「赤ちゃんの泣き声論争」は解決できる?
ベビーカー論争と同様にネット上でよく話題に上がるのが「赤ちゃんの泣き声論争」です。飛行機や新幹線における赤ちゃんの泣き声について、「問題視する」派と「容認する」派のあいだで議論が巻き起こりました。「赤ちゃんは泣くのが仕事」ともいいますが、長時間の移動では赤ちゃんの泣き声にいらっとしてしまうこともありますよね。この問題も制度面から解決方法を考える必要があるように思います。大森さんに伺ったところ、海外の先進事例を教えてくださいました。

大森「スウェーデンやデンマークの電車では子供の入ることができない〈サイレントゾーン〉を設置しています。このサイレントゾーンでは電話や会話も禁止されており、乗客は静かな時間を過ごすことができるんですよ」
photo4.jpg

「これはいいアイディア!」と感じましたが、実は数年前まで日本の新幹線にもサイレント車両が存在していました。それは新幹線ひかりに設置されていた「サイレンスカー」です。この車両では緊急時以外の車内放送はカットされ、車内販売の声掛けすらおこなわれなかったそうです。「静かに過ごしたい」派にとっては、夢のような車両ですよね。しかし、需要を先取りしすぎたのか、2011年3月を持ってサイレンスカーは廃止されてしまいました。「静かな車両」への需要が高まる今、「サイレンスカー」の再導入を検討する価値はあるように思います。
また、飛行機においても、「静かにしたい人と子ども連れの座席をなるべく離す」、「〈サイレント機〉を運行する」など、サイレントゾーンの考え方を応用することができそうですね。

■自分自身でストレスを減らす
優先スペースやサイレントゾーンの整備は将来的に進めてほしいところですが、育児をしている方々にとっては「いますぐに外出時の困難を減らしたい!」というのが本音ですよね。大森さんによると、育児者自らのちょっとした心がけで外出時のストレスを軽減できるといいます。

大森「ひとつは事前に公共交通機関の混雑状況を調べ、混雑時間を避けた行動計画を立てることです。JR東日本からリリースされている「JR東日本アプリ」では、山手線の混雑状況がリアルタイムにわかるようになっていますよ」

てんてこまいの育児生活だからこそ、自らのためにも周りの人々のためにも余裕を持った行動計画を立てることが大切なのかもしれません。山手線のようにリアルタイムの情報が分からなくとも、インターネットで「(路線名) 混雑時間」と検索するだけで多くの情報を得ることができる時代です。「通勤・通学時間を避けて乗車する」「多少時間がかかっても各駅停車に乗車する」「事前に優先スペースの設置車両を確認しておく」といった小さな気遣いをするだけでも、周囲の目線は随分と優しくなるのではないでしょうか。さらに大森さんは「育児者の先輩」として、次のような心がけも教えてくださいました。

大森「赤ちゃんとともに電車に乗るときは、ベビーカーも良いですが抱っこひももおすすめですね。体への負担を軽減するつくりになっている抱っこひもも数多く販売されていますし、街中でベビーカーの貸し出しサービスを行っているところもあります」

ひとくちに「抱っこひも」といっても「スリング」と「キャリー」の二種類があり、前者はおしゃれで手軽だけど抱っこする側の負担は大きめ、後者は装着に時間がかかるけど体への負担は少ないとメリット・デメリットがそれぞれあるようです。出かける場所・時間・手段に合わせて、ベビーカー・スリング・キャリーを使い分けてみてはいかがでしょうか。

■一人一人が社会を考える
大森さんは「地域の人々とともに子育てができるコンパクト・シティ」が理想の社会のかたちであるとおっしゃっていました。「コンパクト・シティ」とは、すべての用事が徒歩圏内で済む社会のことです。たしかにそんな社会が実現すれば、電車の混雑や車の渋滞、待機児童問題など現在起こるさまざまな問題を解消することができますね。夢のまた夢の話だと流すのではなく、「日本社会はこのままでいいのか?」を一人一人が考えなければならない時期に来ているのかもしれません。(雨井千夜子)

コラム出典:ベビーカー論争の起こらない社会を考える
(by messy|メッシー)